人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.12

日本の夏を気持ちよく迎えるインテリア雑貨4選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

梅雨も明け、暦も7月に変わり、となれば季節はすっかり夏である。日本の夏はどちらかといえば過ごしにくい気候だと思うが、夏にしか味わえないイベントも存在するなど、悪いことばかりではないのも日本の夏だろう。今回は、そんな日本の夏を本格的に迎えるにあたって揃えておいて欲しい雑貨たちを集めている。これから夏の準備を始める、という人はぜひ参考にしてもらいたい。

日本伝統の音で涼む風鈴『有田焼の風鈴』

「音で涼をとる」というのは古くからの知恵であるし、趣を大切にする実に日本らしい考えだと思う。そんな知恵を形にした風鈴であるが、その素材に使われるのはガラスが一般的だ。だが、この中川政七商店から発売されている『有田焼の風鈴』では、佐賀県有田町の焼き物が使われている。焼き物の風鈴、というと澄んだ音が鳴らないイメージを持つ人もいると思うがそこは大丈夫だ。というのも、有田焼で使われている素材は磁土と呼ばれる石の粉であり、焼成することで半ガラス状になるので叩くと澄んだ高音が鳴るからである。焼き物という見た目の柔らかさと共に風鈴としての機能もちゃんと備えているのが判る。ところで、風鈴本体とぶつかって音を立てるパーツを舌(ぜつ)と呼ぶが、この『有田焼の風鈴』では竹材が使われている。また、糸からぶら下がる短冊に麻地が使われるなど、日本らしさを前面に押し出した風鈴になっているので、外国の人向けのギフトとしても向いていると思う。カラーラインナップは生成と縞青の2種類で価格は税抜き2,400円。楽天市場から購入することが可能だ。

モダンなデザインで他の用途を探したくなる虫除けカバー『tower / マグネット虫除けプレートカバー』

必要なものなのに日頃は目立って欲しくない、というものが世の中にはある。例えば「警察の制服」だ。いてくれると安心には違いないが、普段から警察の制服が目に入ると落ち着かないだろう。同じように扱ってよいかは若干迷うが、虫除けプレートもそれに似たところがある。あってもらわないと困るが、かといって目立って欲しくもないからだ。そんなワガママな希望を叶えてくれそうなのがこの『tower / マグネット虫除けプレートカバー』である。虫除けプレートを入れて吊り下げるシンプルなカバーなのだが、簾をモチーフにしたようなモダンなデザインなので、このカバーに入れた虫除けプレートだったら目に付く所にあって不満はなさそうだ。吊り下げる以外にも付属のマグネットを使用して金属に貼り付けることができるので、玄関のドアに貼り付けたり、冷蔵庫の扉に貼り付けたりと、各々のニーズに合わせて使用する場所を選べるのも嬉しい。カラーラインナップはホワイトとブラックの2種類で価格は税抜き2,200円。こちらも楽天市場から購入することが可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ