人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ONKYOのハイレゾ対応DAPとPioneerのインナーイヤホンにアニメ『オーバーロードⅢ』とのコラボモデルが登場

2018.07.09


そして広帯域ハイレゾ再生を実現す る自社開発の直径9.7mm のドライバーを搭載した、Pioneer ブランドのインナーイヤヘッドホン『SE-CH9T』とアニメ『オーバーロードIII』とのコラボレーションモデルの予約販売もを決定。
ベースモデルになる Pioneer ブランドのインナーイヤヘッドホン『SE-CH9T』はオーディオビジュアルアワ ード「VGP 2017 SUMMER」のインナーイヤヘッドホン(1 万円以上 1.5 万円未満)の部門で金賞を受賞した実力派モデルだ。



予約方法/通販サイトONKYO DIRECTでの予約販売
予約期間/2018年7月9日(月)15:00から2018年9月11日(火)15:00まで
製品発送/2018年11月下旬から順次発送予定
販売価格/1万5000円(税込・送料込)

『SE-CH9T』の主な特徴

広帯域ハイレゾ再生を実現する自社新開発直径9.7 mm ドライバー搭載

自社開発の振動板は、コンピューター解析を繰り返し行なうことで、振幅対称性の向上による低歪化・低域感度の 向上および広帯域再生を実現。さらに、ドーム部の高さや形状を調整し、分割振動を抑えることで、ハイレゾ再 生に最適な伸びのある高域再生を達成した。

クリアな中域再生を実現する“Airflow Control Port”

筐体内部から筐体外部に向かう通気部にチューブポートを採用することで、低音の音圧バランスを最適化し、引 き締まった低音と分離したクリアな中音を再生。これにより、今までにないダイナミック型インナーの音質を 実現した。また、チューブポートを筐体にしっかり固定し不要な共振を防止している。

タイトでパンチのある低音を実現する2層金属ノズル

ノズル部を異種金属の 2 重構造にすることで、ユニットから発生する不要な共振を抑制。

クリアな高音を余すことなく鼓膜へ届けるノズル形状

装着性に影響のない範囲内で従来よりもノズルの内径を大きくし、ドライバーを鼓膜に近い位置に設置することで、振動板から再生される音をストレートに伝達。また、波長の短い高音が打ち消し合う反射波形を抑え流。

関連情報

http://www.jp.onkyo.com

構成/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。