人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.15

ワイヤレスイヤホン売れ筋モデル、買うならどれが正解?

スタンダードなワイヤレスイヤホンは、〝完全ワイヤレス〟と比べて価格と音質のバランスが良い。おすすめの9機種をセレクトした。

音質のクオリティーは高く、価格のレンジも広い

 有線のイヤホンが最初に進化を遂げたのがワイヤレスイヤホンだ。価格は数千円レベルから2万円オーバーまで、バリエーションが豊富で、完全ワイヤレスイヤホンよりコスパに優れているカテゴリーとなっている。

 特に注目はAmazonなどで3000円程度で買えるTao Tronics『TT-BH07』で、有線並みのこなれた価格で高品質のサウンドになっていること自体驚きだ。

 ちなみに1万円台の価格帯は品数も豊富。高音質で人気のSHUREの人気モデルのワイヤレス版『SE215 Special Edition Wireless』も選べる。

 2万円オーバーなら同じく定番でデザインも人気のSENNHEISER『MOMENTUM Free』、最新のピュアデジタルドライブ技術採用のオーディオテクニカ『ATH-DSR5BT』などイヤホンマニアならずとも大満足の製品が勢揃い。

「W1」チップ搭載でApple純正と同じく自動でペアリング可能な『BeatsX』や、ワイヤレスでもハイレゾ&ノイズキャンセル対応のソニー『WI-1000X』とプラスαの機能で選ぶのもアリだ。

【 アンダー1万円 】

■激安なのに〝意外といい音〟を鳴らす

TaoTronics『TT-BH07』

TaoTronics『TT-BH07』オープン価格(実勢価格約3000円)

Amazonで人気のワイヤレスイヤホン。aptXコーデックにも対応する。IPX5相当の防水対応で、イヤーフックも付属するスポーツ仕様だ。

TaoTronics『TT-BH07』SPEC

3ボタンリモコンを搭載

3ボタンリモコンを搭載。通話用マイクも内蔵している。

イヤーピースだけでなく、イヤーフックもあり装着性は高い

イヤーピースだけでなく、イヤーフックもあり装着性は高い。

[こんな人にオススメ]
3000円程度でも音質は低音のパワーと厚みある中域を実現。デザインは普段使いというよりスポーツ向きか。

■小さくてもJBLサウンドは健在

JBL『DUET MINI BT』

JBL『DUET MINI BT』オープン価格(実勢価格約7000円)

耳穴に収まる超小型のアルミ筐体でJBLの高品位なサウンドを凝縮。ケーブルクリップが付属する。

JBL『DUET MINI BT』SPEC

■低価格とは思えないデザイン

Skullcandy『JIB WIRELESS』

Skullcandy『JIB WIRELESS』オープン価格(実勢価格約4000円)

迫力のある低音とクリアなサウンドを実現。やわらかく耳にやさしいイヤピースが付属。

Skullcandy『JIB WIRELESS』SPEC

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ