人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

音楽の新しい楽しみ方を提案してくれるネットワークオーディオ6選

2018.07.14

ハイレゾによって、新しい音楽の楽しみ方として普及しはじめたネットワークオーディオ。今回は各社が発売している最新ネットワークオーディオ機器の記事を集めました。

テーマは木と布!こだわりのデザインで目を引くTEACのハイレゾ対応ネットワークオーディオ『WS-A70』

ティアックは、ハイレゾ対応ネットワークオーディオシステム『WS-A70』をライフスタイル提案型専門店およびティアック公式オンラインストア『ティアックストア』を中心に、6月上旬より販売を開始する。メーカー希望小売価格は18万5000円。

Dolby Atmos、DTS:Xに対応!Phono入力も備えたマランツの7.1chAVサラウンドレシーバー 『NR1609』

マランツは、7.1ch スリムデザインAVサラウンドレシーバー『NR1609』を2017年6月中旬より発売する。希望小売価格は9万円。

デノンがデザインを一新したAVサラウンドレシーバー2018年モデル3機種を発売

AVR-X550BT

デノンは、デザインを一新したAVサラウンドレシーバー2018年モデルとして、5.2chモデルの『AVR-X550BT』を5月中旬、7.2chモデルの『AVR-X1500H』、『AVR-X2500H』を6月中旬より発売する。すべてのモデルがフラッグシップAVサラウンドレシーバー『AVC-X8500H』に採用されたミニマルデザインを継承。デノンでは「無駄を削ぎ落とした造形の中に、製品づくりにおける主要なテーマである躍動感あふれる力強さと研ぎ澄まされた精緻さを表現しています」と説明している。

Dolby Atmos、DTS:X、シネマDSPに対応したヤマハの7.1chネットワークAVレシーバー『RX-V585』

ヤマハは、Dolby AtmosおよびDTS:XやHDR/4K映像伝送への対応に加えて、ハイレゾ再生や音楽配信サービスなどのネットワーク周辺機能を充実。高度な音の基本性能も追求した7.1chネットワークAVレシーバー『RX-V585』を、5月下旬より全国で発売を開始する。価格は7万3000円。

使いこなすと超便利なアイ・オー・データの超小型ネットワークオーディオ用NAS『Soundgenic/RAHF-S1』

注文が殺到して出荷時期が遅れている、そんな人気の製品がIO DATAのネットワークオーディオ用NAS『Soundgenic』なのだ。その理由は同社のハイエンドモデル『fidata』と同じ機能で、直販価格3万7800円(税込)というハイコスパぶりが原因に違いない。『Soundgenic』には2モデルあって、2TBのHDD搭載の『HDL-RA2HF』と、1TBのSSD搭載の『RAHF-S1』直販価格8万9640円(税込)がある。

次世代DACを搭載したOPPO『Sonica DAC』が奏でる100万円の音やいかに?

ハイレゾ関連機器で進化が最も早いのがDACである。DACに使われている心臓部のパーツ、DACチップが新しくなれば、対応できるフォーマットが増えたり、サンプリング周波数などが上がったり、デジタルフィルターの種類が増えたり、歪みが減ったりと、スペックや機能に大きな影響を与える部品であるからだ。最近ではAstell&Kern『AK380』にデュアルで搭載された旭化成エレクトロニクスのAK4490とか。もちろんDAC以外にも音色を左右する要素はいろいろあって同じDACを搭載してもTEAC『AI-503』はまた別の音色になっている。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。