人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.09

クールなデザインとちょうどいいサイズ感のチタンケースに自社製ムーブメントを搭載したローマン・ゴティエの新作腕時計

スイス・ジュウ渓谷に拠点を置く高級時計ブランド「ローマン・ゴティエ」。創業者ローマン・ゴティエ本人が、絵画のように美しいジュウ渓谷で生活し培ったノウハウを、オートオルロジュリ(高級時計製造)に対するアプローチと結びつけることで、類まれなタイムピースを創出しているブランドだ。これらのタイムピースは、その人目を引き付けるデザイン、革新的な自社製ムーブメント、そして高いレベルの仕上げであるとして、近年注目を集めつつある。


工房では、熟練した職人たちと昔ながらの時計製造工具が最先端の製造方法と融合。ムーブメントの設計から製造、装飾、組み立て、調整に至るまでの工程すべてを一貫して行う設備が整う。

年間、たった60本しないというローマン・ゴティエが、「バーゼルワールド2018」で発表したモデルが日本でついに発売開始する。

インサイト・マイクロローター ブラックチタン

ローマン・ゴティエは、この時計を鑑賞する人々がその壮観な構造と洗練された仕上げを瞬時に堪能できるよう、インサイト マイクロローターのムーブメントの視認性をできる限り高めた。この新作を「インサイト(洞察力)」と名付けた理由もそれだ。

『インサイト・マイクロローター ナチュラルチタン&ブラックチタン』は、最高級時計の要素(美しい仕上げ、自社製自動巻きムーブメント、22Kゴールド製両方向回転マイクロローター)が、軽くて、頑丈、そして視認性に優れる39.5㎜のグレード5チタンケースに収められたもの。最高級時計の優雅さと、スタイリッシュな雰囲気を纏う時計だ。

創業者のローマン・ゴティエは本製品の発表にあたり、下記のようにコメントしている。
「時計愛好家の中で、オートオルロジュリ(高級時計)は貴金属やステンレススチールケースのモデルでなくてもいいと考える人が増えつつある。巧みに加工されたチタンは、もはや単なる既存の素材の代用品ではない。好みしだいで十分、選択肢になり得る素材だ」

彼の語る通り、本モデルはその際たる例だろう。

カジュアルなスタイルと適度なサイズ感のチタンケースを有しつつも、自社製ムーブメントはしっかりとしたシンプルな設計になっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ