人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.07

会社員の夏休みの連休日数、理想と現実

マクロミルは、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行ない、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果を届けている。vol.132の調査テーマは「会社員の夏休み」。今年の夏休みの時期や、夏休み中の過ごし方、会社の同僚へのお土産事情など、2018年の会社員の夏休みについて調査した。

★夏休みのタイミングは”お盆”がダントツ

会社員の夏休み、今年はいつ頃取得する人が多いのだろうか。全国20~59歳の会社員1000名に尋ねた。最多は、「8月のお盆周辺」で60%、2番目に多い回答が「8月のお盆周辺以外」で7.8%、3番目以降は、「7月」4.7%、「9月」4.0%、「その他の月」0.9%となっており、“8月以外が夏休み”という会社員はわずかのようだ。同じ8月でも、お盆時期と、お盆以外の時期では52ポイントと大きな差があり、夏休みはお盆周辺のタイミングとなる会社員が圧倒的に多いことがわかる。また、18%が、「夏休みはない、取得しない」と回答しており、会社員の約5人に1人は、“夏休みなし“であることがわかった。

★会社員の夏休み、連休日数は「5連休」が最多

夏休みがある会社員の皆さんは、今年の夏休みに何日間連続して休みの予定なのだろうか。今年の夏休みの時期がすでにわかっている(決まっている)と回答した692名に、最大の連休日数を回答してもらった。夏休みの連休日数の上位3位をみると、「5連休」が最多で25%、続いて「9連休」16%、「6連休」11%と続いた。また連休日数のすべての結果から平均を算出すると、夏休みがある会社員における連休日数は「平均6.2連休」となる。

一方で、理想の夏休みは何連休なのだろうか。本当は何連休したいと思っているのか、ホンネを尋ねた。その結果、理想の連休日数は「平均8.4連休」で、“理想と現実”の間には2.2日の差があることがわかる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。