人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.17

仕事も捗る!書き味抜群の機能美ボールペン8選

仕事で使うボールペンの選択肢は、書き味のよさとデザイン重視の2種類。このふたつをビジネスシーンに合わせてうまく使いこなしたい。

機能美ボールペン

◎高級ラインの登場で選択肢が広がった

 三菱鉛筆の「ジェットストリームインク」、パイロットの「アクロインキ」、ぺんてるの「エナージェルインキ」など、日本の筆記具メーカーの商品には、低粘度油性でなめらかに書けるボールペンがたくさんある。

 その書き味はそのままに、見た目にスマートなペンとして、次々と登場しているのが前出の〝いつものペン〟の高級ラインだ。

「中でも『ジェットストリーム プライム』は最初に発売された金属軸のノック式が大人気。3000円には見えないし、書き味もいい。これまでは高級ペンというと海外製品でしたが、これらの高級ラインの登場で、一気に市場が高まりました」と納富康邦さん。

 普段の仕事で使うのであれば、まずは3000円、5000円クラスのペンを1本持っているだけで違いを実感するだろう。書き味もいいので、仕事の効率もアップする。

 そしてここぞという時の勝負ペンとして、デザインに特徴があり、目を引くペンを持っておくといいと言う。

「仕事シーンでペンは常に見られるもの。トンボ鉛筆の『ZOOM韻 砂紋』など特徴のあるペンを使っていたら、まず話のきっかけになるでしょう。ペンは長く使えるもの。気に入ったデザインのペンを見つけたら、自分のこだわりを表現するものとして、買ってみてはどうでしょうか」

 昔は高級ペンというと黒のボディーだったが、今ではキレイな発色のペンが増えている。選択肢が広がっているので、お気に入りのペンも見つけやすい。

【 いつものペンをレベルアップ 】

[01]極太のボディーで安定感よくしっかり持てる

トンボ鉛筆『ZOOM 505』油性ボールペン

トンボ鉛筆『ZOOM 505』油性ボールペン  2000円

30年以上も愛され続けるクラシックモデル。ラバーグリップなので滑らず握れる。油性、水性、シャーペン、多機能ペンの4種が揃う。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ