人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.05

紙を筒のように丸めるだけで点灯する+Styleの懐中電灯『PAPER TORCH』

+Styleは、デザインオフィスnendoと共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」から、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで点灯する懐中電灯『PAPER TORCH』を7月4日より発売を開始する。販売価格は1万800円(税込み)。

『PAPER TORCH』は、紙などに電子回路を印刷するエレファンテックの技術を活用して作られており、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで点灯する懐中電灯だ。電子回路は、銀粒子を使った導電性インクを用いて、紙全体に市松模様のデザインで印刷されている。紙の片面にボタン電池2個とLEDライト7個を導電性のある接着剤で接着。紙を巻くことで、印刷された電子回路がつながりLEDライトが点灯する仕組みだ。紙を緩く巻くと光が弱くなり、きつく巻くと光が強くなるなど、紙の巻き方の加減により光の強さを調整できる。サイズは252×144mm。

『PAPER TORCH』は、先端のデザインを生み出し続けているデザインオフィスnendoと、100年を超える紙の老舗企業である竹尾、東京大学発のベンチャー企業で紙やフィルム、布などに銀粒子を使ったインクを印刷することで電子基板を作る技術を持つエレファンテックの3社による共同プロダクトになる。

製品イメージはこちら。

関連情報

https://plusstyle.jp/dot/project/papertouch.html

構成/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ