人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.05

新幹線より快適!?JR東海バスの「プレミアム・シート」のお得度

 東京~名古屋の移動といえば、真っ先に思い浮かぶのは新幹線。のぞみなら乗車時間は1時間40分程度。時刻表通り運行するのもほぼ確実。出張でも旅行でも、第一選択肢になるはずだ。

 では、同じ路線を結ぶ飛行機やバスはどうなのか?

 実は数年前からこの路線を羽田発着の飛行機が飛び、バスルートは豪華シートを採用した車両の選択肢が増えている。

 そこで運賃や利便性など、実際の使い勝手を多角的に検証するため、東京から名古屋までの往路を飛行機、名古屋から東京までの帰路をバスで移動してみた。リアル感を出すため、区間は筆者の自宅(東京都墨田区)~名古屋駅とし、実際にかかった時間と料金、疲労度などもご案内しよう。*時刻表などのデータは、いずれも2018年6月のものです。

●飛行機編~ルートと所要時間~

 飛行機でいうところの東京は羽田空港、名古屋は中部国際空港を指す。両者を結ぶ路線は中部国際空港行きがJALなら8時台と18時台の2便、ANAは17時台1便の計3便のみ。選択肢はかなり狭く、筆者は8時10分発のJAL201便を利用して。

 気になる運賃は1か月前の決済で6900円(普通席)と格安。実は取材の数日前に改めて確認したところ、8000円台の空席が残っていた。

 自宅から羽田空港までのルートは、最寄り駅から東京シティエアターミナルに隣接する水天宮前まで地下鉄で移動。次にリムジンバスで羽田空港まで。早朝の移動のためラッシュもなく、快適に移動できた。

 中部国際空港から名古屋駅までは、名古屋鉄道の鉄道とバス、両方があるものの、便数は圧倒的に鉄道が有利。さほど待つこともなく、空港特急ミュースカイで名古屋駅まで移動した。

 経路と運賃、時間は以下の通りだ。

06:01 両国駅発
    ↓都営大江戸線・営団半蔵門線 280円
06:19 水天宮駅着
06:30 東京シティエアターミナル発
    ↓リムジンバス 820円
06:55 羽田空港着
08:10 羽田空港発
    ↓JAL201便 6900円
09:10 中部国際空港着
09:35 中部国際空港発
    ↓名古屋鉄道 ミュースカイ 870+360=1230円
10:05 名鉄名古屋駅

所要時間 4時間4分
運賃 9230円

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。