人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.19

もしもの時に使えるのはどれ?使い勝手にこだわったICレコーダー7選

発言者から離れていようとも、周囲がうるさい場所であろうとも、狙った音声をクリアに記録。ビジネスに、そして保身にも(?)役立つかもしれないICレコーダー選びをナビゲート!

仕事で使うならスマホより高性能な専用モデルを

 議事録や講演の記録、ボイスメモに便利なICレコーダー。最近はスマートフォンで代用する人も多いが、録音機能においては、スマホは実用性に欠けると、AV評論家の鴻池賢三さんは指摘する。

「録音中にメールの着信やLINEなどのメッセージが入ると、音やバイブレーターによる振動音も拾ってしまう。スマホからICレコーダーに戻す人も多いようです」

 ICレコーダーは高度なデジタル処理や高性能マイクにより、騒がしい場所でも、狙った音声をクリアに録音できる。また、ニュースでもよく見るように録音した上司や異性との会話が、いざという時に〝威力〟を発揮するケースも。

 ICレコーダーも機能やデザインの多様化が進んでいる。仕事でICレコーダーを多用する鴻池さんの検証結果を参考に、自分に合ったモデルを探してみよう。

【検証項目】

[音質]録音対象の声が明瞭に聞き取れるか
[指向性]騒音下で、ターゲットの声を明瞭に聞き取れるか
[耐ノイズ性]広い会議室などで発言者の声を、周囲騒音に埋もれず、聞き分けられるか
[操作性]録音のしやすさ、再生のしやすさ、扱いやすさ
[汎用性]様々な用途で使えるか

セパレートスタイルで自然に会話を収録

ソニー 『ICD-TX800』

ソニー『ICD-TX800』オープン価格(実勢価格約2万円)

会議録・会話

スマホ時代に対応したICレコーダーの新スタイル。●幅38×高さ38×奥行き13.7mm、約22g。メモリー:16GB(内蔵)、最大録音時間:約636時間、最大バッテリー駆動時間:約15時間。

本体と、離れた場所からでも操作できるリモコン

本体と、離れた場所からでも操作できるリモコンがセットに。コンパクトなので収録時の威圧感も少ない(写真左)。また、スマホアプリからでも細かい設定や操作ができるのが便利(写真右)。

【検証結果】リモコンによる操作性の高さが◎

リモコンでの遠隔操作は便利だが、スマホと本体をペアリングすると、付属リモコンが使えなくなるのは残念。スマホ/PCに慣れたユーザーにオススメのモデル。

ソニー『ICD-TX800』グラフ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ