人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.17

「モノを持ち歩くのはムダ」夏野剛さんの仕事術

多忙な毎日を送る夏野さんだが、何と取材当日も持ち物は本当にこれだけ。いったい、どのように膨大な仕事をこなしているのか?

夏野 剛さん

慶応大学大学院特別招聘教授 夏野 剛さん
NTTドコモ時代に、コンテンツのキャリア決済やおサイフケータイなどを生み出し、現在は政治家、官僚、大企業の経営者、そして学生にイノベーションの大切さを説く。

モノを持つのは、ムダ。技術革新の恩恵を生かせ

 大学教授以外にも数多くの企業で社外取締役を務め、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員参与でもある夏野さん。五輪エンブレム騒動の際は「ネットで公募し、その決定プロセスを透明化せよ」と提言し、沈静化に一役買った。同大会マスコットの選考を小学生の投票にしたのも彼のアイデアだ。

 学生をはじめ、企業の経営者、政治家、官僚など多くの人と関わり、イノベーションの価値を説く。そんな夏野さんは、カバンはおろか財布さえ持たない。

「モノを持つことは〝力〟にならならない。それがないことが、できないことの言い訳になるし、置き忘れた時に仕事ができなくなるリスクにもなる。余計なものを持たなければ、あれがない、これがないなどと、ストレスも感じません」

 例外的に持ち歩くのが『iPad mini』と『iPhone』。『iPhone』はおサイフケータイに対応してから持つようになった。「『iPad』があればガラケーで十分ですが、新機種が出ないから『iPhone』(笑)」。そして、これらを入れるケースにもこだわりがあるという。

「毎朝、その日の予定をふまえ、一緒に必要なIDカードなどを確認します。今日は、この後に六本木ヒルズに行くので、ポイントが貯まるカードを入れようとか(笑)。これを繰り返していると、その日、自分がやることが整理できるんです。カードや会員証などで分厚くなった財布を持ち歩くのは自己管理ができていない証拠です」

 でも『iPad mini』と『iPhone』だけじゃ絶対ムリ! そんな方に夏野さんからアドバイス。

「もう一度言いますが、あれこれと持ち歩くことはムダです。その日の予定を確認し、どこで何をするか、どう時間を使うかを管理できれば、自ずと持ち物は決まります。

『iPad mini』なら電池は持つし、原稿書き、プレゼン資料の下書き、文書閲覧など、ほぼすべての作業ができます。クラウドに上げておけば、ファイルにも簡単にアクセスできる。何ができませんか? そのできないことは外出先でやる必要ありますか? 作業よりも考える時間を増やせるよう、自分を見つめ直すべきだと思います」

「イノベーションの恩恵を受ければ、モノを持たずにすむ」が夏野さんの持論。それに抵抗があるなら、なぜモノが持ちたくなるのか、不安の原因を考えては?

《 財布もカバンもなし! 持ち物はコレだけ 》

現在使っているケースのブランドは『LAYBLOCK』

『LAYBLOCK』

現在使っているケースのブランドは『LAYBLOCK』。革の質感やデザインは気に入っているが、「ケースにあるロゴがダサい」と不満を漏らす。『iPhone』ケースのほうには、その日に訪問するビルのIDカードなどを入れ、『iPad mini』のケースには名刺などを入れる。

「NewsPicks」などの連載の原稿は『iPad mini』のキーボードで作成

「NewsPicks」などの連載の原稿は『iPad mini』のキーボードで作成。Slack、LINE、Gmailなどのサービスも併せて使っている。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ