人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.04

ペイパル、クレカを持たないユーザーも銀行口座の振替機能を使用して利用可能に

昨今、主にソーシャルを介したシェアリングエコノミーの普及などにより、個人が事業主としてビジネスを展開するケースが増加している。そこで、ペイパルは従来のクレジットカードでの支払いに加えて、新たに銀行口座からもペイパルの利用が可能になる機能を発表した。今回ペイアウトを使いやすくすることで、企業から個人宛ての支払いが簡単にできるようになる。

今回の発表により以下のパートナー、マーチャントのサービスが利用可能に。※対応時期は企業により異なる。※銀行口座振替はすべての加盟店が利用できる。(五十音順・敬称略・2018年6月25日現在)

ペイパル口座に、対応する銀行口座を連携させることで、クレジットカードを持たないユーザーも銀行口座の振替機能を使用してペイパルの利用が可能。

また、従来企業向けに提供しているペイアウト機能をより使いやすくすることで、オンラインショッピングを対象とした「支払い」に加えて、個人ユーザーがペイパル口座で簡単に支払いを受け取りができる。

新サービスの特徴
① 対応する銀行口座の振替機能を使用して、ショッピングや決済が可能になる。
※2018年6月25日現在、①に対応する銀行は以下の通り。(順不同)
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・ゆうちょ銀行

※銀行口座からペイパル口座へのチャージはできない。
※ビジネスを対象としたサービスであり、個人間の送金は対象ではない。

② 個人ユーザーはペイパル口座で簡単に1回あたり10万円までの支払いの受け取りが可能。また対応する銀行口座とオンライン連携することで本人確認を行い、1回あたり100万円までの支払いの受け取りや銀行口座への引き出しができる。

③ 企業は個人ユーザーのペイパル口座(メールアドレス)と金額を指定するだけで簡単に支払うことができる。また国内外にリアルタイムで支払うことができることに加え、API連携による手続きの自動化などでコスト削減にも。

関連情報/https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/lp/merchant/payout
構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ