人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5Mピクセルの高解像度でバッチリ写すパナソニックのネットワークカメラ『i-PRO EXTREME』シリーズ

2018.07.04

パナソニックは、セキュリティシステム『i-PRO EXTREME』(アイプロエクストリーム)シリーズの一つとして5Mピクセル ネットワークカメラ2機種を2018年10月より発売する。ラインアップは屋外ドームの「WV-S2550LNJ」と屋外ボックスの「WV-S1550LNJ」。価格はいずれもオープン価格。

WV-S2550LNJ

WV-S1550LNJ

今回の新製品は5Mピクセルのイメージセンサーを搭載しているため、高解像度の映像を広範囲に撮影することが可能。フルHDやHDのカメラでは詳細を確認できなかったような、被写体から離れた位置からの撮影でも、5Mピクセルの高解像度映像で被写体の様子を確認することができる。

高解像度5Mピクセル イメージセンサーを搭載し、より広い範囲を鮮明に撮影

高解像度5Mピクセルイメージセンサーによって、幅広い範囲を撮影することができる。5Mピクセルで撮影された映像はフルHDよりも高解像度であるため、約1.8倍の広い監視エリア(面積)を1台でカバーすることが可能だ。

これにより屋外駐車場のような広い監視エリアシーンにおいてより広範囲にわたり、人(顔)・車(ナンバー)の識別が可能となる。

夜間や暗い場所などの低照度環境でもカラーで撮影が可能。人の顔や服装など必要となる情報を映像としてレコーダーなどに保存

カラー高感度化技術により、夜間のような低照度環境(カラー最低照度は0.07ルクス)でも、服や車の色の識別性が向上。映像監視の中で重要な要素である色の情報を、正確に把握することができようになった。

また、スーパーダイナミック機能の併用により、照度差のある映像も、ライトの光源など明るすぎる部分の光を抑え、暗い部分を明るくすることで、必要な情報をより確認しやすくすることも可能だ。

スマートコーディング技術を搭載したH.265エンジンを使用し、低ビットレート高画質ストリームを実現

従来のH.264圧縮方式に加えてH.265圧縮方式に対応。スマートコーディング技術と組み合わせることで、5Mピクセルの高画質映像でありながら、ネットワークへの負荷や記録コストを大幅に削減している。

関連情報

https://sol.panasonic.biz/security/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。