人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

身も心もハマりにハマった王子の最強立ち呑み『H』

2018.07.04

『押し寄せるローラーコースター誘惑!』

『丸眞政宗』である。

 東京23区唯一の酒蔵が作る日本酒として有名だった銘柄である! “有名だった”というのは、港区に最近新しい酒蔵ができたのと、そして、こっちが大きな理由なんだけど、この春に残念ながら酒造事業から撤退してしまったのだ。

 ってことは、もう去年の出荷分で呑めなくなっちゃう日本酒なのだ『丸眞政宗』!

 コップ酒にしようかと思ったが、もう呑めるチャンスも少ないと思い、2合(600円)を冷やでもらう。なにしろツマミはいくらでもあるのだ。ただツマミはあっても、時間はあんまりないので早めのピッチで呑む。。ちなみに、勘違いしてる一も多いと思うけど、“冷や”っていうのは“常温”のことだからね。

 あ! オデンである。汁は薄口。ちくわぶはオデンの他の種の旨味を吸いつくした法悦の味。そしてさつま揚が今まで食べたことないタイプだった。普通、さつま揚って表皮が揚げられて茶色くなんてるじゃない? ところがここの店のさつま揚は、白っぽいんですよ。

 揚げる温度が低温なのか、砂糖や味醂みたいな焦げやすい調味料が少なめなのか? 一口食べる。答えは多分両方だ! 低温で揚げたからか最初はソフトな唇触り。しかし歯でかむとシッカリとした弾力、そして魚のすり身の味わいがダイレクトに味蕾に浸透するその味付け!

 うわ〜これだけで酒四合いけちゃうな〜、と思いながらも、時間もないのでまだまだ残ってるお通しとオデンで酒二合を呑むつくすという、贅沢な飲み方に突入する。

 そんな贅沢な呑み方しつつ、女将さんと保守的な会話で盛り上がる。もうオレの一番お得意のネタですよ! 店でハマり、料理でハマり、そしてお店の方との会話でもハマる……たまらんな、この店!

 そして、全て呑み尽くし食べ尽くし、次の仕事に向かおうと思った、その時!!

「あ、カマボコ出来たから食べてって!」

 サービスで自家製のカマボコが3切れ小皿に乗ってきてやってきた! ウワ〜呑み極楽への蟻地獄! っていうか蟻天国! まだまだオレをハメにハメまくるかこの店!!

「すいません、コップ酒(350円)ください!」

 おもわず口走っていた。

 いや、店に入る前からなにか感じる店は、入ってからもとんでもないことが待ってるもんだわ。こういうことがあるから、ついつい知らない店に入ってみちゃうんだろうな〜。

文/カーツさとう

コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。