人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.04

ソニーモバイルの復活なるか?シャープの気合いは通じるか?スマホ夏モデルのちょい辛通信簿

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はスマホの2018年夏モデルについて議論します。

■ドコモ独占に驚いた「HUAWEI P20 Pro」

房野氏:大手3キャリアの2018夏モデルが出揃いました。率直な感想をお聞かせください。

房野氏

石野氏:“夏のファーウェイ祭り”だったなと。“春の京セラ祭り”というのも、かつてありましたけど。

石野氏

石川氏:ファーウェイは本当に驚き。ドコモから出ることは想定されていたけど、ドコモ独占になったのは想定以上。グローバルで発表された頃は、SIMフリーでやるというニュアンスだったように思えたんだけど、蓋を開けてみればP20 Proはドコモ独占だった。

石川氏

石野氏:発言をよくよく聞き直すと「P20シリーズは、SIMフリーでやる」と言っていた。

法林氏:そうなんだよ。今年2月から3月にかけて開催されたMWC(Mobile World Congress)のとき、みんな呉波さん(ファーウェイのデバイス事業における日本・韓国リージョンのプレジデント 呉波氏)にインタビューをしているんですが、「P20“シリーズ”を日本で出します、SIMフリーで」という言い方で、どの機種をということは言っていなかった。

ファーウェイ 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波氏

法林氏

石野氏:「P20 Proは日本で出します。P20シリーズはSIMフリーも出します」と言っていたので、嘘はついてない。

法林氏:今思い返すと、恐らくあの頃にドコモが独占する話は水面下で決まっていた。

石野氏:去年の今頃から、ファーウェイ内部でも、対ドコモの営業を強化する動きがありました。ドコモから出すとは思っていましたけれど、まさかあそこまでの形だとは思わなかった。

石川氏:端末も、4×4MIMOに対応して、SIMスロットの部分にアンテナが必要だからmicroSDカードは入らないとか、おサイフケータイにも対応して、という風に、相当早い段階からドコモとがっつり組んで発売するのが決まっていたと思う。端末の仕様にもコミットしているんだろうなということが、製品を見てわかりました。ただ、ファーウェイはこれまでSIMフリー市場でがんばってきて、SIMフリーでハイスペックなモデルを出すからユーザーに支持されていたのが、その選択肢がなくなったのは、果たしていいことなのだろうかと。

石野氏:Proが付かない「P20」があるじゃないですか。

石川氏:あるけど……まぁ、liteが売れる層はあるけど。とはいいつつ、ファーウェイからはドコモに対してかなり気を遣っている感じがあった。

法林氏:それだけ数が見込めるってことなんでしょうね。

石川氏:一桁くらい違うということなので相当な台数だろうし、プロモーションもやってくるだろうし。

法林氏:P20 Proは結構、値段も高いので。

石野氏:初めてテレビCMをやるというウワサも聞いています。

石川氏:(ファーウェイの新製品発表会でプレゼンターを務める)皆藤さん(フリーアナウンサーの皆藤慎太郎氏のこと)が出てくるのかな(笑)

房野氏:ドコモの対応はどう思いますか?

法林氏:今回の発表会の注力の配分は、これまで同率1位でGalaxyとXperiaだったところに、1.5位くらいでHUAWEIが食い込んできた感がある。

石川氏:Xperiaの説明は少なかったですよね。ゲストが登場する芸能コーナーでXperiaが一切使われなかった。

法林氏:ただ、Xperiaは先に世間に出てしまっていたということがあるので。ドコモの2日前にauが「Xperia XZ2 Premium」も「Xperia XZ2」も出した。自分のところだけで扱っている端末ではない、というとauでも「Galaxy S9/S9+」が出ているけど、それに関してはちゃんと話している。ちょっとそこは差がある感じはするよね。

Xperia XZ2 Premium

Xperia XZ2

Galaxy S9/S9+

石野氏:ドコモには「Xperia XZ2 Compact」があるじゃないですか。なのに、あんなにP20 Proを押していた。綾野 剛君の本当にP20 Proを欲しい感じがすごかったですね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。