人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.07

カメラ付きGPSサイコン『エクスプローバX5 Evo』で沖縄本島1周330kmに挑戦

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

 長距離の自転車旅やサイクリングに出かける際には、走行距離やペース(速度やペダル回転数など)が数値で把握できるサイクルコンピューター(以下、サイコン)は必需品。最近ではGPSによる地図ナビゲーション機能を搭載したサイコンも登場し、人気を集めている。さらに今回紹介する『エクスプローバX5 Evo』(税抜4万9800円)は、GPS機能に加えて動画撮影ができるカメラが内蔵され、途中で立ち止まることなくコースの景色を記録に残せる優れものだ。

 今回、実際に『エクスプローバX5 Evo』を装着し、沖縄本島1周330km・2泊3日を走破。準備→自転車旅本番→帰宅後を通して、その性能と楽しみ方を紹介する。

【スタート前の準備】専用アプリで事前にコースを設定。データを転送しておけば自転車ナビとして使える!

『エクスプローバX5 Evo』は通常のGPSサイコンに加えてカメラが内蔵されているにも関わらず、スマートフォンを一回り小さくした程度のサイズ(110×62×23mm)。専用キットを使えばハンドルの前側にスマートに装着でき、この位置に装着することでサイコン本体の前面に付いているレンズにドロップハンドルなどが写り込みにくい状態で撮影が可能となる。

 自転車旅に出発する前にスマートフォンに『エクスプローバ コネクト』と『エクスプローバ ビデオ』の2つのアプリをダウンロード。『コネクト』アプリは事前に地図を使ってルートを作成でき、そのデータをサイコン本体に転送すれば地図ナビゲーションとして活用できる。
その他、同アプリを使用すればトレーニングプランの作成やスケジュール管理などもできるが、今回は沖縄本島1周のルートを作成。事前にルートを作成することは、走行中に道に迷う心配がないだけでなく、走る前に走行予定距離やアップダウンの有無を確認できるので、スタート時間やペース配分、昼休憩ポイントの設定がしやすい。

 さらに『ビデオ』アプリでは、撮影した動画を取り込んでスマートフォン上で編集できるだけでなく、走行後につなぎ合わせてインターバル動画として楽しめる『タイムラプス録画』(〇分間隔で〇秒撮影などの設定が可能)や、事前に設定したスピードやパワー、心拍数に達すると撮影が開始される『自動録画』、走行中の前方映像を連続録画してクルマのドライブレコーダーのような使い方ができる『循環録画』の設定を選ぶことができる。今回は1日の走行距離が100kmを超し、絶景ポイントでは立ち止まる予定なので、『タイムプラス録画』に設定して1日のツーリングを通して自動に撮影することに。また長い時間撮り続けたい絶景ポイントでは、サイコン本体に付いている録画ボタンを押せば、『タイムプラス録画』とは別に撮影することもできる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。