人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界最軽量!ソニーが高速・高精度AFと高解像の大口径超望遠レンズGマスター『FE 400mm F2.8 GM OSS』を発売

2018.07.02

 

ソニーは、35mmフルサイズ対応のα Eマウントレンズとして、世界最軽量の大口径超望遠レンズGマスター『FE 400mm F2.8 GM OSS』を7月3日より受注を開始する。メーカー希望小売価格は160万円。9月上旬より順次出荷開始(受注生産品)。

スポーツ写真・報道の撮影を行なうプロフェッショナルに不可欠な超望遠400mm開放F値2.8の大口径レンズを、Eマウントの超望遠単焦点レンズとして初めて発売する。レンズのフォーカス駆動部には、従来のリニアモーターの構造を刷新し、大幅な高推力化を実現した新開発のXD(extreme dynamic)リニアモーターを2基搭載。プロフェッショナルが求める高速・高精度かつ静粛な高性能AFを実現。動体追従性能も、従来機比最大約5倍に進化し、動きの速いスポーツや俊敏な野生動物などの一瞬の動きを超望遠で捉え続ける。

 

世界最軽量2895gの同レンズは、Gマスターの高い設計基準に基づいた新規光学設計により、画面中心から周辺部まで高い解像性能を発揮する。加えて、レンズ本来の性能を引き出すために、製造工程においては、各レンズの諸収差が良好な状態になるよう、レンズ1本毎に徹底した調整を行ない、Gマスターならではの高い解像性能と美しいぼけの両立を実現している。

高い光学性能を発揮するために効果的に配置した17群23枚(フィルター1枚含む)のレンズ構成には、色収差補正効果が大きく、光学ガラスより比重が小さい蛍石レンズ3枚をαレンズとして初採用。鏡筒前方の重量バランスを最適化した新規光学設計と、軽量かつ堅牢性の高いマグネシウム合金製部品を鏡筒本体の外装をはじめ全面的に採用することにより、優れた描写性能と大幅な軽量化を実現している。また鏡筒前方の軽量化により、カメラ本体と組み合わせた際の重量バランスが最適化され、回転運動に対する抵抗の大きさを表す慣性モーメントも、従来の組み合わせと比較して最大約50%低減。一脚撮影時および手持ち撮影時のいずれにおいても、俊敏かつ正確なパンニング(横方向の旋回)が可能だ。

関連情報

https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL400F28GM/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。