人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.01

ガラケーユーザーがそれでもスマホに乗り換えない理由TOP3

スマホの料金を高いと感じている人はどれくらいいるのだろうか。MMD研究所は、フィーチャーフォン利用者1009名を対象に「2018年6月 フィーチャーフォン利用者の実態調査」を実施した。スマートフォンへの乗り換え検討状況や、スマートフォンに感じる魅力や不満、スマートフォン端末や通信会社を選ぶ基準などを広く調査し、スマートフォンへの乗り換え検討状況別に、フィーチャーフォン利用者の実態を把握できる内容となっている。

★フィーチャーフォン利用者の76.2%が、現在スマートフォンへの乗り換えを検討していない

事前調査において、フィーチャーフォンを利用している全国の男女2364人を対象に、スマートフォンへの乗り換えを検討したことがあるかきいたところ、「検討している」が23.8%、「過去に検討していたが、現在はしていない」が17.5%、「検討したことはない」が58.7%だった。

★フィーチャーフォン利用者がスマホの機能・アプリで最も魅力に感じるのは、「地図・ナビゲーション機能」

同調査において、フィーチャーフォン利用者1009人を対象に、スマートフォンの機能やアプリで魅力に感じるものはあるかきいたところ(複数回答可)、最も多かったのは「地図・ナビゲーション機能」で25.8%、次いで「気軽にインターネットを楽しめる」が25.6%、さらに「画面が大きくて見やすい」が19.2%と続いた。

★フィーチャーフォン利用者がフィーチャーフォンに対して感じる不満の上位は「時代遅れなイメージ」「画面が小さくて見づらい」

フィーチャーフォン利用者1009人を対象に、フィーチャーフォンに対して感じる不満をきいたところ(複数回答可)、最も多かったのは「フィーチャーフォンに「時代遅れ」なイメージがある」で15.5%、次いで「画面が小さくて見づらい」が12.6%、さらに「インターネットが見づらい」が10.5%と続いた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ