人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.01

だんご虫の1000%スケールモデル、スライミーの滝、ひろしの靴下!?東京おもちゃショーで見つけた面白すぎるおもちゃたち

「東京おもちゃショー」とは、年に1度行われる国内最大規模の玩具の展示会。今年は6月7日〜10日まで東京ビックサイトの西展示棟にて開催された。国内外合わせて197社が出展し、紹介されるおもちゃの総商品数は約3万5000点。僕も行ってみたが、まぁ面白いこと、面白いこと。「東京おもちゃショー」で日本のおもちゃ文化の成熟を観た!

 ということで、今回は3万5000点から「大人も遊べる!」テーマに、ユニークさに笑ってしまったおもちゃを5点、最新テクノロジーとの融合で進化を感じたおもちゃを5点、計10点を紹介していきたい。

 では前編、ユニーク編のコラムをどうぞ。

 ユニーク編、最初に紹介したいのが8月より発売となる「だんごむし」だ。だんごむしを1000%スケールにした攻めたおもちゃ。「昆虫が苦手」と話す担当者が2年の歳月をかけて、だんごむしの丸まりを完全再現。作られた経緯も独特だが、発売方法もユニーク。カプセルトイ自販機から丸まった状態で、そのまま出てくる。

 実際に触れてみたが、全長140mmのだんごむしは今にも動き出しそうなほどリアルで。99%気持ち悪いのだが、不思議と1%のかわいげもある。ブースの注目度も高かったので、バズること間違いなし。

バンダイ
ガチャポン「だんごむし」 全3種1回500円

 海外のメーカーの出展物は新鮮だ。日本では考えられない尖ったおもちゃが多いのが特徴で、なかでも、スイスに本社をもつJOKER ENTERTAINMENTはキレキレだった。

 ブースに並ぶのはスライミーのみ。スライミーとは、いってしまえば天然素材を原料とした高級スライム。JOKER ENTERTAINMENTは基本、これ1点で勝負をしている。ただしスライミーのバリエーションは豊富で。柔らかいもの、硬いもの、香りが良いものが揃い踏み。なかには、スライミー版水鉄砲などもあった。(スライミーを最大7m飛ばせるそう)

 ブースにはスライミーが流れる滝のモニュメントもあり、見ているだけで“スライミー愛”が伝わってくる。ちなみに、人は本能的にネバネバしたものを触りたくなるのか。スライミーの滝は大人気だった。

JOKER ENTERTAINMENT
各種「スライミー」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ