人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.29

手軽に食べられるパワーフード「五平餅」が持つ魅力

ドライブ中、PA・SAや道の駅などでよくお目にかかる「五平餅」。先刻、NHKのドラマで取り上げられて話題になり、売上が2~4倍になった店舗もあると報じられた。

この五平餅、ネット上でも話題になっているが、Instagram上などでは五平餅を自作して食べている人も多いことがわかる。その五平餅の魅力や簡単にアレンジして食べる方法を専門家に聞いた。

■五平餅はメインの食事にもおやつにもなるパワーフード

五平餅は、長野や富山、岐阜、愛知に伝わる郷土料理。炊いたご飯をすりこぎでつぶし、細長い板に小判型につけて、焼きおにぎりのように火であぶったものに甘い味噌だれを塗ってさらに焼いたもの。団子型、わらじ型の地域もあるという。またたれには胡麻やクルミ、醤油などを用いられることもある。

とよた五平餅学会によると、五平餅は「甘い味噌“たれ”がほどよくご飯に合い、メインの食事にもおやつにもなる、大人からこどもまで手軽に食べられるパワーフード」だという。どうやらただの郷土食ではない食べ物のようだ。

■五平餅をより美味しく味わうポイント

とよた五平餅学会の担当者は、この五平餅をより美味しく味わうポイントを次のように話す。

「地元のお米を少し硬めに炊いたうるち米を、ご飯の粒が3割残るくらいまで『美味しくなれ』と気持ちを込めてつぶし、三河の方言で『串』を表す“ほせ”か、割り箸につけて平らにします。そして白焼きとして両面を軽くこげめが付くまで焼き、その後、味噌たれをつけて再度、両面を味噌がふつふつするまで焼いたら完成! できれば炭火が一番ですが、ガスコンロの魚グリルやフライパンでもできます。食べ方もポイント。誰かと一緒に熱々を、やけどに気をつけながら“がぶり”といただいてください。そして口の周りに“みそヒゲ”をつければ、知らない人同士でも会話が生まれます」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ