人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.27

ソニーのスマートウォッチ『wena wrist』とBEAMSのコラボモデル第3弾はソーラー仕様!

ソニーは、ハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」の一般販売2周年を記念して、ブランドコラボレーション「wena × beams(ウェナ × ビームス)」の第三弾となる、ソーラー式の時計ヘッド部『Chronograph Solar Silver -beams edition-』(クロノグラフ ソーラー シルバー ビームスエディション)を7月26日(木)に発売する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約4万6000円。発売に先駆けて、先日より各販売店にて先行予約受付が開始された。

wena wristの人気モデルであるブルーのクロノグラフ(WN-WC02S-H)をモチーフに、ソーラーモデルに合わせてよりスポーティにアレンジ。wena wristシリーズのどのバンドにも合うフェイスデザインとした。ムーブメントにソーラームーブメントを搭載することにより、電池を気にすることなく使用が可能。ガラスには衝撃や傷に強い球面サファイアガラスを採用した。
さらに片面無反射コーティングを施すことで、照り返しの強い日差しの下でも視認性を確保。文字板は放射状に光が反射する旭光の表面処理の上に塗装を何重にも施すことで太陽光を透過させながらも、高級感のある輝きを実現している。

wena × beams デザインについて

第三弾となる今回も引き続き、wena wristにBEAMSの多面的な個性を、ひとつの「機能(spec)」としてwena wristにもたせるという「a new spec beams」をコンセプトにデザイン。「a new」を逆から読むと「wena」となり、新しいテクノロジーが隠れていることを示唆している。
オレンジをポイントカラーにしたフェイスや、ヘッド裏蓋の「a new spec beams」コンセプトロゴの刻印はそのまま踏襲。本モデルはwena wrist一般販売2周年を記念してデザインされたスペシャルパッケージにて届けられる。

 


文字板は太陽光を透過させながらも、高級感のある輝きを実現。金属製のインデックスはヘアラインと鏡面にかき分けられ、精密感を演出。

針とインデックスは暗闇で光る蓄光仕様。インデックスの形状も通常モデルにカスタマイズを加えたもの。

裏蓋には「wena × beams」コラボコンセプト である「a new spec beams」を刻印

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ