人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LGのスマホ『V30+L-01K』がアップデートで人工知能「ThinQ AI」に対応

2018.06.27

『V30+ L-01K』

 

「AIカメラ」と「Qレンズ」に人工知能技術「ThinQ AI」機能が搭載

LGエレクトロニクス・ジャパンは、NTTドコモより発売されたスマートフォン『V30+ L-01K』において、ソフトウェアアップデートを実施。同社独自の人工知能技術「ThinQ AI」への対応が可能になった。

今回のソフトウェアアップデートによって、カメラに関する機能が改善される。中でも、「AIカメラ」と「Qレンズ」には、人工知能技術「ThinQ AI」機能が搭載。また、Googleアシスタントと連携することにより、写真撮影の操作指示が音声で行なえるようになった。LG独自の音声コマンド機能により、「AIカメラを起動して」や「AIカメラで写真撮って」といった指示を認識する。主な機能は次のとおり。

AIカメラ(ThinQ AI)

フレーム内の被写体をAIが分析し、「人」、「ペット」、「食べ物」、「日の出」、「夕焼け」、「風景」、「都市」、「花」の計8つのカテゴリーの中から適したモードを選択し撮影する。各モードでは、視野角、色、反射、照明、彩度などを最適化し、被写体の特性を生かして撮影することが可能だ。

Qレンズ(ThinQ AI)



「フォト検索」機能では、写真共有サイトから、類似画像を検索することができる。「QRコードリーダー」機能では、専用のアプリを別途インストールすることなく、QRコードを読み取ることが可能だ。

ブライトモード

従来のスマートフォンのカメラは、ambient light(環境光、周囲の光)を測定して撮影していたが、AI機能のアルゴリズムを使用することで、暗い環境でもより明るく撮影することが可能になる。「Sensor Binning(センサービニング)」機能により、標準カメラでの撮影時に、4つの画素をひとつに使うことで受光面積が広がり、従来よりも輝度を2倍明るくでき、フラッシュがなくても、ノイズが少ない、鮮明な写真を撮影できるようになった。

「ThinQ AI」について

「ThinQ AI」は、当社独自で開発している人工知能技術だ。日本においては、2018年4月から順次発売中の有機ELテレビシリーズと液晶テレビシリーズに搭載されており、声によるネット検索やテレビの操作が可能になった。同社では「グローバルにおけるホーム&アプライアンス製品では、2018年以降に展開するすべての製品に「ThinQ AI」を搭載するなど、ユーザーにとってより快適な生活を提供するため、AI技術の向上に努めております」とコメントしている。

構成/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。