人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真夜中の大規模訓練に密着!東海道新幹線の「異常時対応訓練」

2018.06.30

さてトンネル内で停車した乗車中のN700Aは自走不可能という判断で対向列車に移動して避難することに。しかしホームのないトンネル内でどうやって隣の車両に移動するのか??

窓の外を見ると東京方面から車両が接近。徐行して停車したのだが、ドア付近では聞きなれない無線のやり取りが聞こえてきた。

「もう少し前です」「今度は50cm後退願います」

そんなやり取りを終えて2つの車両がぴったりと横付けされた。お互いのドアの位置を合わせ、そこになんと渡り板を設置して車両間を移動するための「橋」が架かった!

渡り板の装着は迅速!電動車いすにも対応しているものもある(JR東海提供)

しかも僕らが撮影をするドアで渡り板を設置していたのは、グリーン車などで車内サービスを担当するパーサーさん。「パーサーも入社時を始め、定期的に非常時訓練を三島にあるモックアップを用いて訓練しています」。そう教えてくれたのはJR東海 広報部の穂苅裕太郎さん。「お客様のスムーズかつ安全な誘導のために関係者で連携をとって迅速に対応します」と話す。

普段は笑顔のパーサーさんだが、訓練では真剣な表情で渡り板を設置していた。

この渡り板は新幹線車内に装備されており、数百回の負荷にも余裕で耐えられる性能を持っている。実際に僕も渡ってみたがしっかりと安定し、すぐにわたることができた。

設置が完了するとすみやかに避難が開始された。

こちらが歩行者向けの渡り板。

渡り板の避難訓練に並行して「長時間停電時の換気訓練」を実施。新幹線は客室の窓が開かないため乗降ドアを開放して換気をするが、乗客が車外に出ないようにこのような表記がなされる。

また、東海道新幹線車内にはJR東海の社員が出張などの業務で乗り合わせていることも多いそうで、万が一の際には避難誘導の補助を行なうそう。

ひと目でJR東海の社員とわかるシールを全社員携行している。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。