人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.25

最高出力306Kw、最高速度290km/h!ロータス『エキシージ スポーツ 410』はクーペとロードスター2モデル

エルシーアイはロータス「エキシージ」の新たなラインアップとして、「エキシージ スポーツ 410」「エキシージ スポーツ 410 ロードスター」の発売を開始した。価格は両車種ともに1398万6000円(消費税込)。納車は2018年11月の予定だ。

同クラスで並ぶもののない〝究極のロードカー〟として設計されたスーパースポーツモデル

EXIGEレンジには、この新しい「エキシージ スポーツ410」を含め、価格、性能、モータースポーツ性がそれぞれ異なる様々なモデルが揃っている。サーキット志向の強いエキシージ CUP シリーズのノウハウを活かした「エキシージ スポーツ 410」は、 同クラスで並ぶもののない究極のロードカーとなるべく設計された。 EXIGEレンジに加わったこの最新モデルは、よりパワフルなサーキット向けのエキシージ CUP シリーズをベースとする先進のシャーシ、サスペンション、パワートレインを備え、最高出力306Kw(416PS)/7,000rpmと最大トルク410Nm/2,500-7,000rpmを発生するインタークーラー付き高性能3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載している。


しかも、最低乾燥重量はわずか1054kg。 0-100kmをわずか3.4秒で疾走し、爆発的な加速力で最高速度290km/h(クーペ)に到達。エアロダイナミクスには、大型グリル、カーボンファイバー製のエアカーテンとフロントスプリッターを装備した人目を引く改良版軽量フロントクラムパネルを採用し、150kgのダウンフォースを発生させる。
すべてのロータス車は、卓越したハンドリング性能とアジリティがDNAに組み込まれている。「エキシージ スポーツ 410」も例外ではない。非常に高いレスポンスと精度を備え、最大限の快適さとドライバーフィードバックを提供しながら、最高のパフォーマンスを発揮してくれるはずだ。

「スポーツ」という名前が示すように、新型「エキシージ スポーツ 410」は、公道走行向けでありながら極めて高いレスポンスとアジリティも併せ持つ、絶妙にバランスの取れたクルマに仕上がっている。ロータスの「CUP」モデルがサーキット走行に焦点を当てて開発されるのに対し、「スポーツ」モデルではパフォーマンス、アジリティ、トラクションの完璧なバランスが追求される。 軽量設計で業界をリードするロータス車は、標準装備の軽量カーボン製フロントスプリッターや、アクセスパネルからカーボン製テールゲート、リアウィングに至るまで、グラム単位で軽量化が図られているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ