人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

凸版印刷がシート型生体センサーで睡眠の質を解析するサービスを開始

2018.06.23

 生体センサー  (C)Toppan Printing Co., Ltd.cv

凸版印刷は、シート型生体センサーにより心拍・呼吸データなどを取得して、睡眠の質を解析できる『SensingWave 睡眠見守りシステム』を、ホテルなど宿泊業界向けに販売を開始した。

このサービスは、ベッドマットレスの下などに凸版印刷が独自開発したシート型生体センサーを設置。利用者の心拍や呼吸などの生体信号を非接触で取得、睡眠状態を解析するものだ。山形大学工学部応用生命システム工学科の新関久一教授の協力のもと開発した独自のアルゴリズムを用いて生体信号を解析することで、覚醒や就寝、寝返りの有無など睡眠状態の把握が可能だ。

 解析結果を記載した「睡眠レポート」の例   (C)Toppan Printing Co., Ltd.cv

『SensingWave 睡眠見守りシステム』の特徴
・睡眠を見える化し、解析結果を「睡眠レポート」としてフィードバック

心拍や呼吸、睡眠時間、熟睡度、睡眠サイクル、寝返り回数をスコア化し、睡眠タイプを分類。数値データと合わせ、睡眠の記録をわかりやすくフィードバックしていく。

・取得した生体情報はクラウド上で管理し、ダウンロードにより閲覧可能

センサーで取得した情報は凸版印刷が運用するクラウドサーバ上に送信され、独自のアルゴリズムによりデータを解析。その結果を睡眠レポートとしてダウンロードし、顧客に提供が可能。

・利用者が専用の器具などを装着することなく情報の入手が可能

利用者の生体信号を電気信号として取得できるセンサーのため、利用者が専用の器具などを装着することなく情報を入手できる。また薄いシート形状のため、設置の際に特別な施工が不要だ。

睡眠時間、熟睡度、睡眠サイクル、寝返り回数をスコア化し、その結果に応じて睡眠タイプを分析。具体的な数値結果とアドバイスコメントなどの解析結果を記載した「睡眠レポート」が自動で作成される。作成された睡眠レポートはクラウドサーバからダウンロード可能だ。なおアドバイスコメントの作成には、睡眠コンサルティングを手がけるニューロスペース(本社:東京都墨田区、代表取締役:小林孝徳)の協力を得ている。

なお本サービスは第一弾として、阪急阪神ホテルズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤本和秀)が運営する、眠りをデザインするホテル「レム日比谷」(所在地:東京都千代田区)で採用。1日5室限定で体験できる。

実際の運用イメージは動画で確認

関連情報

https://www.toppan.co.jp/news/2018/06/newsrelease180622_1.html

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。