人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.26

入社5年目社員の本音「実は間違いをものすごく気にするタイプです」ウェザーマップ・多胡安那さん

あなたの知らない若手社員のホンネ~ウェザーマップ 気象予報士/多胡安那さん、契約5年目)~

 部下のモチベーションを理解することは中間管理職にとって非常に重要。とは言っても、今回は気象予報会社に所属する契約5年目の気象予報士である。聞き慣れた職業ではあるが、気象予報士の仕事の様子、そして辛さを含め紹介する。

 シリーズ第26回目は、気象予報等を業務とする株式会社ウェザーマップに所属する多胡安那さん。会社と契約して5年目の気象予報士だ。

 帰国子女の多胡さん、2005年3月に聖心女子大文学部卒後、気象予報士の森田正光さんが会長を務めるウェザーマップに所属するまで、紆余曲折を経ている。学生時代に有名女性キャスターの講演を聞き、自分で調べたものを形にして、多くの人に見てもらうマスコミの仕事に興味を持つ。大手金融機関に内定したがそれを断って――。

■お天気キャスターの舞台裏

 なぜ天気の道に進んだのか。例えばエレベーターに乗り合わせたときに、「今日は暑いですね」「寒いですね」とか、まず天気の話をします。天気に詳しければ誰とでも話ができます。天気のことに詳しくてマスコミの仕事をするなら、お天気キャスターや気象予報士だなと。

 内定を辞退して家にいた時に、古い女性雑誌に私が挟んでおいた、気象情報の配信等を担う株式会社ウェザーニューズの社員募集の広告を見つけまして。募集の締め切りは過ぎていましたが、面接を受けたら採用が決まったんです。主に気象予報チームが出した予報のデータをもとに、全国各地のテレビ局に向けての天気予報の原稿を書きました。例えば宮城テレビなら「仙台は午後から晴れてくるでしょう。風が強くなるので強風高波に注意してください」という感じです。天気の画面に合わせてアナウンサーが話す原稿を、多い日は60枚ぐらい書きました。

 早起きは私の特技の一つで、朝4時の始業はいいのですが、勤務地が千葉の幕張と遠くて、泊まりもあり体力的にしんどい。辞めようかと思っていた時期にたまたま上司が、大阪の読売テレビに一度遊びに行かないかと。で、情報番組のプロデューサーに会って名刺交換し、「ウェザーニューズをもうすぐ辞めるんです」と言ったら、「来月から僕と一緒に働かない?」と。まだ、気象予報士の資格も取得してなかったのに、いきなりズームインスーパーという番組の近畿地域のお天気キャスターに抜擢されたんです。

 本番中は緊張しました。最初は赤いランプが点灯しているカメラを見て喋らないと、目線が違うところに向いてしまうと注意されたり。

 番組では“尺を合わせる”と言って、持ち時間内に収めることが求められます。スタッフさんがタイムキーパーさんから聞いた時間を『残り1分』『残り30秒』とか出してくる。私は土壇場で尺がかわっても、しゃべりながら指定された時間にピタリと合わせて、お天気コーナーを終わることができました。尺を合わせるのが得意だったんです。

 間違えたのは、「6月は青空スタートとなりそうです」というところを、「6月は青空ス……」で切れた。この1回だけでした。あの時はADさんのカウントを書いたものが見えなくて。

 同時に、私こう見えても実は性格が暗いというか、考え方がネガティブなところがありまして…。例えば本番中に、「昨日よりも気温が高い」というべきところを、「低い」と言ってしまったり、言い間違えとか数字の読み間違えとか、ものすごく気にするタイプで。夢の中にまでその失敗したことが出てくるようなところがあります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ