人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今週、話題になったクルマのニュース7選

2018.06.23

 @DIMEに掲載された今週の車関連のニュースの中から、編集部がチョイスした記事を紹介します。読み逃した方も、これを読んで最新のクルマトレンドがおさらいしよう!

どう変わった?SUBARUの新型『フォレスター』の進化をチェック

SUBARUは、6月18日まで先行予約を行なった新型『フォレスター』を7月19日より発売する。なお同社によれば、先行予約台数は4119台に達し、、グレード別では、「ドライバーモニタリングシステム」と「e-BOXER」を搭載する「Advance」が全体の約4 割と最も多くの予約があったという。

フォルクスワーゲンが7人乗りミニバン『Golf Touran』に先進装備「ダイナミックライトアシスト」を追加し安全性を強化

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(略称:VGJ)は、7人乗りコンパクトミニバン『Golf Touran』においてオプションパッケージの仕様変更を実施した。安全性・利便性・快適性を追求した7人乗りミニバン『Golf Touran』は、2016 年の導入以降、特に安全性の強化に軸を置いた商品強化を継続的に行ない、常にフォルクスワーゲンの最新テクノロジーを採用してきた。

トヨタがル・マンで勝った『TS050 HYBRID』とほぼ同じパーツ構成の「GRスーパースポーツコンセプト」を公開

TOYOTA GAZOO Racingは、フランス・ル・マン24時間レース会場において、「GRスーパースポーツコンセプト」を公開。市販に向けた開発に着手したことを発表した。

TOYOTA GAZOO Racing、1-2フィニッシュで悲願のル・マン初制覇

第86回ル・マン24時間レースは6月17日(日)午後3時ゴールを迎え、トヨタが悲願のル・マン初勝利を飾った。TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋 一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)が優勝。2位にもTS050 HYBRID 7号車(小林 可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)が入り、TOYOTA GAZOO Racingは最前列スタートから一度もトップ2を譲らない完璧なレース運びで、ル・マン24時間レース完全制覇を果たした。

フェラーリからAFコルセ51号車にインスパイアされて生まれたPiloti Ferrari仕様の『488 Pista』登場

フェラーリはル・マン24時間レースの開催にあわせ、ユニークな Ferrari『488 Pista』 の「Piloti Ferrari」仕様を公開した。

ジャーマン3に挑むレクサスのミディアムサイズセダン『ES』の本気度

 レクサスのミディアムサイズ4ドアセダン『ES』がフルモデルチェンジされた。それを機に、しばらく途絶えていた日本へは再導入され、ヨーロッパへは初めて導入されることになった。『ES』は『LS』とともに1989年にレクサスがアメリカでビジネスを始めた時にデビューさせた初のレクサス2台のうちの1台だ。その後、世界各国で販路を拡げ、現在までに累計218万台を販売したレクサスのコアモデルである。

直列3気筒ターボエンジンと6速DCTを搭載した20周年限定モデル『smart BRABUS signature style edition』

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス生まれのシティ・コンパクト「スマート」のトップパフォーマンスモデル「BRABUS」に、 BRABUS創業者”Bodo Buschmann”氏のシグネチャーをあしらい、随所に特別装備を採用した「smart BRABUS signature style edition(fortwo/cabrio)」を発表。全国のメルセデス・ベンツおよびスマート正規販売店ネットワークを通じて発売を開始した。

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。