人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.26

静かなブーム!入門者におすすめのナチュラルワイン5選

 日本ではこれまで何回かの大規模なワインブームがあったが、それが一巡して、今は「ナチュラルワイン」(ヴァン・ナチュール、自然派ワインとも)に静かな関心が集まっている。

「ナチュラルワイン」とは、農薬や化学肥料を使わずに栽培されたワイン用ぶどうを、自然(野生)酵母で醸造し、酸化防止剤の亜硫酸を極力使わずボトル詰めされたワインの総称。

 今まで飲んできたワインと一味違う、飲み手の心に響く味わいが人気を呼び、ワイン通だけでなく、お酒はたしなむ程度の人からも注目される存在となってきている。それに合わせ、ナチュラルワインを取り扱う販売店やレストランも増え、そしてその銘柄も実に多彩。どれを選んだらよいか、入門者からは少々敷居が高いと思われているのも事実だ。

 そこで、渋谷区恵比寿にあるワインバーを併設した専門ショップ3amours(トロワザムール)のソムリエ根木幹子さんに、風味や価格の点から入門者にも最適なナチュラルワインを5つ教えていただいた。

■『パルティーダ・クレウス ビネッロ ティント VN』
(赤・スペイン・カタルーニャ/750ml/3600円+税)

根木さん:「カタルーニャの土着品種の楽園とも呼び声高いパルティーダ・クレウス。当主はイタリア人。スペインでイタリア人が造っているのも面白いですが、このVNシリーズはなんと土着でかつ7種ものぶどうが入っている他に類を見ない特別なワイン。色合いも味わいも透明感にあふれ、チャーミングな赤系の小粒の果実の味が口いっぱいに広がります。ぶどう以外なにも入っていないピュアな1本! 少し冷やして飲むのがオススメです」

『パルティーダ・クレウス ビネッロ ティント VN』

■『クリストフ・パカレ ボージョレー・ヴィラージュ』
(赤・フランス・ボージョレー/750ml/3100円+税)

根木さん:「ボージョレーは自然派のメッカともいうべき地域。クリストフは自然派ワイン界かつ、このボージョレー地域の伝説的生産者マルセル・ラピエールの甥であり、幼い時はラピエール家で育ち、ぶどう栽培やワイン造りにおいて沢山の教えを一身に受けた人物です。このワインは樹齢100年を超す古木のガメイを使用。優しく滑らかで明るい果実味と、心地よいミネラル感がす~っと体になじみます。自然派ことはじめとしてお勧めの1本」

『クリストフ・パカレ ボージョレー・ヴィラージュ』

■『ドメーヌ・デ・ザミエル ア・バイア ロゼ』
(ロゼ・フランス・ラングドック/750ml/2900円+税)

根木さん:「2013年がファースト・ヴィンテージ、南仏ラングドックで30代の若き兄弟が起ち上げた蔵元です。この『バイア』というのは兄・ジョルダンの愛娘の名前。実はこのアミエル家は500年以上この地に根付いている由緒ある家系で、世代から世代に受け継がれていく家族の愛が詰まっています。メルロとシラーをダイレクトプレスで仕立てたロゼで、冷えているとピチピチはじける果実味、温度があがると本来品種が持つタンニンがふくよかに感じられどんな温度帯でも楽しめる稀有なものです!

『ドメーヌ・デ・ザミエル ア・バイア ロゼ』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。