人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

懐しい味が進化してブーム到来!今、行くべきコッペパン専門店3選

2018.06.26

「コッペパン」と聞くと、給食に出た少し細長い素朴なパンを思い出し、懐かしい気持ちになる人が多いだろう。これが、最近なぜか大都市圏を中心にブームとなっており、「コッペパン専門店」が続々と出店している。

 こうした専門店で売られるコッペパンは、シンプルな懐かし系だけでなく、多彩な具材を詰め込んだゴージャスなものもあり、給食にコッペパンが出された時代を知らない若い人たちに好評だ。

 今回は、コッペパン専門店の激戦区東京にあるお店の中から、人気の3店をピックアップして紹介したい。

iacoupe(イアコッペ)

 日暮里の名パン店BOULANGERIE iANAK!(イアナック)の2号店として、2014年にオープンしたのが、このiacoupe。上野の森さくらテラスの3階に位置する5坪ばかりの小さな店舗だが、売られているコッペパンはバラエティーに富み重厚な味わい。コッペパンには、、プレーン、全粒粉、ブリオッシュの3種類あり、いずれも長さ13cmとやや短めではあるものの、丁寧に仕込まれインスタ映えする具材が詰まっている。

 黒板に掲示された週間ランキング(6月初旬)を見ると、惣菜系では1位が『サーモン ごろっとアスパラ』で、2位は牛肉を用いた『ステーキ』。食べてみると、どちらもメインの具材と脇役の素材・スパイスそしてコッペパンがうまくマッチしてGood。イートインスペースはないので、そばの上野恩賜公園で食べるのがおすすめ。

Iacoupeの『サーモン ごろっとアスパラ』と『ステーキ』

店舗は上野駅近くの上野の森さくらテラスの3階にある

えびすぱん

 店名のとおり、渋谷区恵比寿に位置するコッペパン専門店。自らを主張しない佇まいから、うっかり通り過ぎてしまいそうだが、テレビをはじめ多くのメディアで取り上げられたことのある人気の店である。

 常時約10種類のコッペパンのラインナップを揃えるほか、曜日限定でふだんはお目にかけないサプライズの品を出すこともある。他の多くの専門店と同じく、甘いコッペパンと惣菜コッペパンに分かれている。

 店のスタッフの方に惣菜系の売れ筋を訊くと、『燻製サバ』が一番人気とのこと。食べてみると、「サバとパンはミスマッチでは?」という先入観とは裏腹に、スパイシーな燻製サバはパンと相性がよく風味もいける。2番目に人気なのは『とんかつ』。妥協を知らない大ぶりのとんかつと、パンからあふれるキャベツがボリューム感満点で、味も美味。イートインスペースはあるが、座れる人数は少ないので持ち帰り前提で。

えびすぱんの『燻製サバ』と『とんかつ』

店舗はJR恵比寿駅東口から大通り沿いを5分ほど歩いた左手にある

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。