人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.26

EMSフルボディスーツを装着!SIXPADの会員制ジムで近未来型トレーニングを体験

 今から9年前、初めてiPhoneを手に入れた。電源を入れてスワイプ、そしてロックを解除。ヌルヌルと画面を指で動かす快感。それはもうアホみたいに興奮した。心から「未来キター!」と感じたものである。幼少期に雑誌や漫画で見ていた“未来”が現実となった瞬間。あんな興奮にそれ以降出会っていない。

 年齢を重ねると、経験値も上がる。様々な事象への感動も薄れていく。そんな日々のなか再び芽生えた感情、「未来キター!」。

 先日、知人に誘われ「SIXPAD STASTION」なる場所へ足を運んだ。代官山駅から徒歩7分、閑静な住宅街の一角にある。ここはシリーズ累計販売台数140万台を突破した「SIXPAD」の会員制ジム。共同開発パートナーのクリスティアーノ・ロナウドの大きなポスターがお出迎え。ルネッサンス時代の彫刻のような身体。

「SIXPAD STASTION」のコンセプトは「近未来型EMSトレーニング・ジム」。「SIXPAD」の代名詞とも云えるEMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)を使ったプログラムが提供される。その最大の特徴は、既存のジムとは全く異なるルール。トレーニング時間は一律15分、その時間内で5つのモーションをトレーナーとマンツーマンでこなしていく。

 で、実際に体験してみた。

 ジムで最初にすることといえば、トレーニングウエアに着替えること。「SIXPAD STASTION」の場合は、まずここから違う。まずは全裸になり、電気を均一に流すための特製スパッツへと着替える。身体のラインがわかる程にパツパツな仕様、少々恥ずかしい。

 続けて、その上にEMSが流れるボディスーツを着用。1人では着れないので、ボディパーツ、腕パーツ、脚パーツをトレーナー2人に装着してもらう。通電効率を上げるためEMSパッドには、水分を含ませる。ボディスーツは重いので、着た感触は水気たっぷりの服を着ているようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ