人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.25

世界に向けてクールジャパンの魅力を発信するボールペン画家・橋本薫さん

 LCC、すなわち格安航空会社は現代社会に「革命」をもたらした。

 東京~新大阪までの新幹線の運賃と、大阪~クアラルンプールの航空券代がほぼ同額という状況が見受けられるようになった。端的に言えば、東南アジアへ行くほうが安いのだ。交通手段の革命と言うほかない。

 しかし、それが具体的にどのような現象をもたらすのだろうか?

 たとえば筆者は、日本ではあまり知られていないが海外では著名な日本人に時たま出くわすことがある。LCCの存在は、そのような「日本人の知らない日本人」を増加させる可能性を秘めているのだ。

■ボールペンで描く緻密な世界

 マレーシアの首都クアラルンプール。

 この地で伊勢丹が経営する『The Japan Store』は、クールジャパン機構との共同経営の施設である。だが、このショッピングモールにはあまり人が入っていないという記事が日本で話題になり、また直後にクールジャパン機構が持株のすべてを手放した。何かと話題の場所に、筆者はたまたま訪れたのだ。

 この日、ボールペン画家の橋本薫氏が展示会を開いていた。

 スマートフォンでL'Arc-en-Cielの曲を聞きつつ、紙の上にボールペンを走らせる浴衣の女性。見てみると、橋本氏が使っているのはごく普通の事務用品のみ。何の変哲のないボールペンであるが、その一筆一筆が恐ろしく緻密で立体的だ。

 そう、橋本氏は繊細な画法で話題を呼ぶボールペン画家だ。

「私は神戸を拠点に活動しています。けれど、東京でイベントを開いたことはないです。関東へ行くよりも、エアアジアで東南アジアへ行くほうが安上がりですから」

 そう語る橋本氏の画家としての経歴は、マレーシアやシンガポール、タイでの活動実績が目立つ。ちなみに筆者が取材した翌日、橋本氏はマレーシア唯一のカジノがあるゲンティン・ハイランドで展示会を開催した。

 半年前まで会社員だったという橋本氏。それを退職した今では、東南アジア各地の都市をボールペン片手に周回するという日々に勤しんでいる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ