人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.21

握った手に電気刺激を与えて気分転換を促す『パルスイッチ』

低周波治療器などを開発・販売する医療機器メーカーのホーマーイオン研究所は、握ることで手に電気刺激を与えて気分転換を図る『パルスイッチ』の発売を開始した。希望小売価格は9720円(税込)。

手に独自のリズムで電気パルス刺激を与えることで気分転換をサポート

手は全身の体性感覚の中で最も敏感で、大脳皮質に占める面積も一番広い分布を示していることから「第2の脳」と言われている。『パルスイッチ』は、そんな手に独自のリズムで電気パルス刺激を与えることで、緊張をほぐす、集中力を高めるなど気分転換をサポートする小型サイズの微弱電気刺激装置だ。

『パルスイッチ』は忙しい毎日に寄り添う4つの機能を搭載している。

1.リラックスモード
 緊張をほぐしリラックスしたい時に。電気刺激の周波数とリズムをゆっくり下げることでリラックスを促します。15分タイマーでそのまま眠っても安心なため、寝る準備を整えて横になってから用いるのがおすすめ。この他、プレゼンやスピーチのように緊張する場面でも使える。

2.アクティブモード
 集中力を高め処理能力を向上させたい時に。電気刺激の周波数とリズムを徐々に上げることで良い緊張を促し、思考力を高め気持ちを活性化させる。起床時はもちろん、大事な会議に入る前や集中したい時、気持ちが落ち込んだ時などにもおすすめ。
 
3.ハンドケアモード
「たたく」「押す」をイメージした2パターンの周波数を組み込んだプログラムがこわばりをほぐして、手の疲れを和らげる。長時間スマートフォンを使った後や、パソコン作業、書類書きなどで手が疲れた時にも使いたい。

4.ひかりモード
 刺激が少なく穏やかに導くと言われる「グリーン」、気持ちを和らげて前向きで快活な気持ちへと導くと言われる「オレンジ」、興奮を抑え気持ちを落ち着かせると言われる「ブルー」。部屋を真っ暗にし、状況と気分に合う色の光をながめることで、リラックスしたひとときを過ごせる。 

本体サイズは約110×34×33mm、40g(アルカリ単4電池1本は含まない)。

関連情報

https://homerion.jp/lpc/pc/pulswitch

構成/編集部 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ