人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.21

どう変わった?SUBARUの新型『フォレスター』の進化をチェック

 

その主な特徴として、まずインテリアは機能的かつ操作性のよい室内レイアウトを実現するとともに、インストルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現。インテリアカラーは、ブラック、ブラウン、X-BREAK専用カラーの3色を設定した。

そして室内幅を拡大し、左右の乗員間の距離にもゆとりをもたせることで、圧迫感の少ないより広々とした空間を実現。またサンルーフの構造を薄くすることで、サンルーフ付き車でも頭上スペースにゆとりの感じられる室内空間を確保した。またホイールベース拡大分30mmすべてを後席スペースに活用することで、前後席間距離はクラストップレベルを達成している。

安全性能では、「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備。 乗る人全員が安心して愉しむことができるクルマを目指し、緊急時のみならずあらゆるシーンにおいて安全で愉しいドライブを提供する、SUBARUの総合安全の考え方のもと、クラストップの安全性能を実現した。またドライバーの居眠りやわき見運転を検知する機能に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整する乗員認識技術をSUBARUとして初採用。

そしてアイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備。全車速追従機能付クルーズコントロールに加え、車線中央維持機能と先行車追従操舵機能をフォレスターとして初採用した。これにより全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御して運転を支援。自動車専用道路での疲労を低減する。

パワートレインには新開発の2.0リッター直噴エンジンとモーターアシストにより、日常シーンでも走りが愉しめる「e-BOXER」を搭載。また進化したX-MODEを採用することで、SUVとしての本格性能もさらに高めている。

関連情報

https://www.subaru.jp/forester/forester/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。