人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.17

5.2Kビデオでプロ級の360度画像が撮れるGoPro『Fusion』

「5.2K ビデオ」でプロ級の360度画像が撮れる!

 360度画像も身近になり、ここ数年で各メーカーがこぞって新型を発売。いずれも独自の魅力があり迷うところだが、コバヤシはGoProの『Fusion』を選んだ。「何と言っても画質の良さに惹かれます。家族旅行で子供と景色を同時に撮る時に、カメラをあちこち向けなくて済む360度カメラは最高なのですが、画質がネックでした。でも、『Fusion』で撮影された映像を見たら、そのキレイさにびっくり! さすが5.2Kです。手ブレ補正もとても強力で、街歩きの途中での自撮りも気軽に楽しめます」(デスク・コバヤシ)

■360度を高画質で逃さず記録

GoPro『Fusion』

GoPro『Fusion』8万3149円

アクションカメラの先駆者、GoProの360度カメラ。継ぎ目を感じさせないスティッチング技術や、〝脱ジンバル〟をうたう強力な手ブレ補正など完成度の高い機能が、5.2Kの高解像度を生かした高画質を実現。

静止画解像度……3840×2160、4000×3000  動画解像度……5.2K/30fpsもしくは3K/60fps
サイズ……W74×H75×D40mm(本体のみ)  重量……約220g(本体のみ)

三脚にもなる万能グリップ付き

三脚にもなる万能グリップ付き
豊富なアクセサリーはGoProシリーズ共通の大きな魅力。「自撮りにも役立つ自立式グリップが便利です」

動き回る被写体を撮影後に追いかけられる

動き回る被写体を撮影後に追いかけられる
記録した360度映像の中から、好きなアングルを自在に切り出せる。「走り回る子供も撮り逃しません」

〈 ココに注目!〉4Kの壁を越えた高精細映像にウットリ

4Kの壁を越えた高精細映像にウットリ

多くの360度カメラが4K止まりの中、それを上回る5.2K録画を実現。「普段見慣れている平面映像と比べても遜色ありません」

先進性 ★★★★★  お値打ち ★★★★☆  撮りやすさ ★★★★★

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ