人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.20

音楽、決済、地図機能を搭載したGarminのGPSウォッチ『fēnix 5 Plus』

ガーミンジャパンはGarminの技術を集約したスマートウオッチ「fēnix5」の最新シリーズ『fēnix 5 Plus Series』の3モデルを6月28日より世界同時発売する。
「fēnix 5 Plus Series」のGPS対応衛星は、日本のみちびき、米国GPS、ロシアのGLONASSに加え、今回Garminのウェアラブルとしては初めて欧州のGalileoも受信可能となった。
なお、発売モデルはベゼルやバンド素材の違いにより「fēnix 5S Plus」、「fēnix 5 Plus」、「fēnix 5X Plus」が用意される。

 

写真左より fēnix 5S Plus Sapphire Rose Gold、fēnix 5X Plus Sapphire Ti Black、fēnix 5 Plus Sapphire Ti Gray、fēnix 5 Plus Sapphire Black

Garminが誇るマルチスポーツ機能に「音楽」「決済」「地図」の各機能を追加

「fēnix 5 Plus Series」は、「fēnix 5」の機能に「音楽機能」、「決済機能」、「地図機能」を追加。Garminが誇るマルチスポーツ機能と、洗練されたスタイリッシュなデザインを踏襲し、オンとオフを選ばない次世代のプレミアムGPSウオッチだ。

「音楽機能」では、スマートフォンを持たずにウオッチにダウンロードした音楽を聴くことができる。「決済機能」では、非接触決済機能Garmin Payを搭載し、対応端末にウオッチをかざすことでショッピング等の決済が可能。「地図機能」では、全モデルに日本全域の地形図及び道路地図が予め収録されているため、手間のかかるダウンロードが不要。地図データには高度データも重ねて収録されているため、リアルタイムに高度変化が確認できる。

そして、Garminが得意とするマルチスポーツ対応機能を始め、光学心拍計機能、スマートフォンとの連携機能、ライフログ機能を継続して搭載している。

今シリーズでは、材質にもこだわり、チタン採用モデルを追加。前モデルと比較して、最大16%の軽量化を実現した。これにより、スポーツシーンにおいてもより快適な使用が可能となった。全モデルを通じて、簡単に交換できるQuickFitバンドに対応し、さらにチタンバンドをラインナップすることで、より好みのバンドにカスタマイズして自分なりのスタイルを楽しめる。
また、フェイス表面はサファイアレンズを採用。DLCコーティングされたモデルには、Garmin独自のアモルファスカーボン素材を採用。通常のDLCと比較してより高い耐スクラッチ性を誇り、過酷な環境でも安心して使用できる。

機能面でも、消費電力が少ない半透過型のMIPディスプレイを採用。それによりスマートウオッチモードで18日間(fenix5X plusの場合)の稼働を可能にしながら、屋外でも見やすい確かな視認性を両立した。
Garmin独自の技術と経験をつぎ込んだプレミアムGPSウオッチ「fēnix 5 Plus Series」はスポーツシーンのみならず、カジュアルやファッションの一部、そしてビジネスと様々なシーンにフィットしたウオッチとして活用してくれるはずだ。

「fēnix 5 Plus Series」共通仕様
ディスプレイ/1.2インチ(直径30.4mm)、240×240ピクセル、半透過型MIPカラー
GNSS/GPS/GLONASS/Galileo /みちびき
搭載センサー/光学心拍計、3D電子コンパス、気圧・高度、温度計
防水/10ATM(100m防水)
時計機能/GPS時刻同期、Zulu/UTCタイム表示、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、日の出日没、バックライト自動点灯、ウオッチフェイス変更
基本機能/ 各種アクティビティ計測機能(ランニング、登山、サイクリング、スイミング、SUPなど25 種目以上)、通知機能、ライフログ(ステップ数、上昇階数、睡眠状況、消費カロリー計測、ストレススコアなど)、ゴルフ(世界40,000コース以上)、地図表示、ナビゲーションなど。

価格は8万9800〜12万9800円。

関連情報

http://www.garmin.co.jp/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。