人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エイサーから入力端子が豊富な48.6型と54.6型の低価格4Kモニターが登場

2018.06.19

日本エイサーは色鮮やかな映像を映し出し、臨場感あふれるサウンドの4Kモニター EB0シリーズとして54.6型「EB550Kbmiiipx」を6月21日、48.5型「EB490QKbmiiipfx」を6月28日より順次発売を開始する。価格はオープン価格。予想実勢価格は「EB550Kbmiiipx」が約10万円、「EB490QKbmiiipfx」は約7万円。

豊富な入力端子を搭載した4K 大型モニター

「EB550Kbmiiipx」、「EB490QKbmiiipfx」は、広大な表示領域をもつ4K 高精細パネルを採用したマルチユースの4K 大型モニターだ。4K テレビ放送の視聴に必要なHDCP2.2 対応のHDMI2.0 端子の他、HDMI1.4 端子、DisplayPort 1.2 など豊富な入力端子も搭載。テレビ視聴やゲームプレイなど、さまざまな用途を高精細で鮮明な映像を楽しめる。
※4K テレビ放送を視聴するには、別途4K 対応テレビチューナーが必要です。

粗い画素を鮮やかな映像へ補正するスーパーシャープネス・テクノロジー搭載

画素を鮮やかな映像に映るように補正するスーパーシャープネス・テクノロジーを搭載。通常、4Kパネルで解像度の低い映像を表示すると画素が粗く、全体的にぼやけてしまう。そこでスーパーシャープネス・テクノロジーをオンにすることで画素を自動的に補正して自然で鮮明な映像を映し出す。
※OSD メニュー内で、オン/オフの切り替えが必要。初期設定はオフになっている。

HDR10 に対応し、より実物に近い映像を再現、斜めからもクリアに見られるIPS 方式パネルを採用

HDR 10 に対応し、従来の映像に比べて、明るさの幅をより広く表現する。一般的な映像では日陰が黒つぶれしたり日向が白飛びする場合があるが、HDRありの映像では明るい部分と暗い部分どちらの階調もくっきりと、より自然で深みのある映像表示が可能になる。また、視野角による色変化の少ないIPS 方式パネルを搭載。光の反射による見えにくさを抑え、斜め方向から画面を見ても美しさをキープする。

目に優しいブルーライト軽減機能とフリッカーレス・テクノロジーを搭載

液晶ディスプレイはLEDバックライトの輝度レベルを調整するためにLED自体を高速に点滅(フリッカー)させている。このフリッカーは画面のちらつきを感じたり、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われている。本製品はフリッカーレス・テクノロジーを搭載。さらにブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができる。

関連情報

http://www.acer.co.jp/

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。