人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.19

トヨタがル・マンで勝った『TS050 HYBRID』とほぼ同じパーツ構成の「GRスーパースポーツコンセプト」を公開

TOYOTA GAZOO Racingは、フランス・ル・マン24時間レース会場において、「GRスーパースポーツコンセプト」を公開。市販に向けた開発に着手したことを発表した。

レーシングマシン『TS050 HYBRID』とほぼ同じ主要パーツで構成されたコンセプトカー

同コンセプトは、FIA世界耐久選手権(WEC)に参戦しているレーシングマシン『TS050 HYBRID』とほぼ同じ主要パーツで構成された、コンセプトカーです。実戦で鍛えられたV6ツインターボチャージャーや、トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)を搭載。パワーユニットは、高効率のEVシステムと、希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、究極のパワーと環境性能を両立した、次世代のスーパースポーツカーを目指したという。同社では、熱効率(システム効率)は既に50%を実現しており、現在、さらに高い値を目指して開発を進めている、と説明している。

発表会見の席上、GAZOO Racing Company プレジデント 友山茂樹氏は次のように語った。
「トヨタがこの6年間、WECに挑んできた目的は、レースに勝つためだけではなく、世界最先端のハイブリッド技術とEVシステムの開発を推進し、究極の環境性能と、突出した走行性能を、高次元で両立させることでもあります。
そして、レーシングマシンTS050 HYBRIDの魅力を、可能な限りダイレクトに、そして扱いやすくした、スーパースポーツカーを世に出すことが、トヨタのWEC参戦を意義深いものにすると考え、このGRスーパースポーツのプロジェクトをスタートさせました。
市販車両をレベルアップしてスポーツカーをつくるのではなく、現役のレーシングカーからスポーツカーをつくるという、トヨタにとっては、全く新しい挑戦です。
次の100年も、クルマを徹底的に面白くする。そのための挑戦はまだ始まったばかりですが、お客様の笑顔のために、自動車産業の未来のために、TOYOTA GAZOO Racingは、心ときめくクルマづくりに拘り続けて行きたいと思います」

GRスーパースポーツコンセプト車両概要
エンジン型式/V型6気筒直噴ツインターボチャージャー
エンジン排気量/2400cc
パワーユニット最高出力(エンジン+ハイブリッドモーター)/735kW/1000ps
ハイブリッドシステム/トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)

関連情報

http://www.toyota.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。