人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.23

日本初就航のLCC、ノックスクートの成田~バンコク線に乗ってみた!

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

 6月1日に成田空港に新しいLCCが乗り入れた。タイ・バンコクのドンムアン空港を拠点とするノックスクートがボーイング777-200型機を使って成田~バンコク(ドンムアン)線に就航したのだ。搭乗日やセールなどの販売時期によっても異なるが、片道2万円前後で購入できる日が多い。今回、6月1日の初便でバンコクへ向かうことにした。

ノックスクートの成田~バンコク線はボーイング777-200型機で運航

 スクートという航空会社は、LCC利用者なら聞いたことがある人も多いと思うが、成田から台北、バンコク、シンガポール(経由便)、関西から高雄、バンコク、シンガポール(直行便及び経由便)、更にはホノルル、また新千歳から台北、シンガポール(経由便)を運航しているが、ノックスクートはスクートのグループ会社であり、ノックスクート便もスクートのホームページからの予約が可能となっている。

 スクートはシンガポール拠点でシンガポール航空が出資しているLCCであるのに対し、ノックスクートはバンコク拠点で、タイ国内線を中心に路線網を展開しているタイ国際航空も出資の短距離LCCノックエアが49%、シンガポールのスクートが49%出資している。2015年に初便を就航し、主に国際線中距離路線を中心に路線展開している。一時期、タイの航空会社に対して新規の乗り入れが制限されていた時期があったが、制限が解除されたことから日本路線就航の準備を進め、今回の就航に至った。

6月1日の就航時には記念のセレモニーが開催された

就航初便では搭乗者に記念品がプレゼントされた

 毎日1往復ずつの運航で、成田を13時55分に出発しバンコクには18時25分に到着し、帰国便はバンコクを深夜2時20分に出発して成田に午前10時25分に到着する運航スケジュールになっている。既にスクートも成田~バンコク線にも就航していることから時間帯に応じて使い分けることが可能だ。

■ノックスクート、成田~バンコク線運航スケジュール

 XW101便 成田13時55分発 バンコク(ドンムアン)18時25分着
 XW102便 バンコク(ドンムアン)2時20分発 成田10時25分着

■スクート、成田~バンコク線運航スケジュール

 TR869便 成田10時00分発 バンコク(ドンムアン)15時00分着
 TR868便 バンコク(ドンムアン)0時45分発 成田8時50分着

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ