人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.19

都市生活者の必需品!あるとみんなが助かる宅配ボックス最新モデル10選

日中出かけていて宅配便を受け取れずに困っている人は多いかと思います。そんな方にオススメなのが宅配ボックスです。再配達の必要がなくなり配達業者も大助かりな宅配ボックスを設置してみませんか?

 

集荷対応、録画機能、自動捺印、進化する戸建用宅配ボックスの使い勝手をチェック

パナソニック『COMBO-F』CTCR2153R

マンションやアパートなど、集合住宅では当たり前の設備となっている宅配ボックスだが、戸建て住宅への普及はまだまだこれから。そこで話題の戸建て用宅配ボックスを調査。この市場、かなり盛り上がっています!

 

この手があったか!不在でも宅配物を玄関前でキャッチできる置き配バッグ『OKIPPA』

宅配物の「再配達」によって、貴重な時間を自宅で待機しなくてはならないことにストレスを感じる人も多いのではないだろうか。再配達問題は「宅配クライシス」の主因の一つと言われている。こうした問題は、宅配会社の負担増と共に、指定できる配送時間帯の制限等、利用者の利便性も低下している。

 

日本一学生の多い街・京都で宅配ボックスは普及するか?

 3月、京都市役所にて、宅配ボックスの実証実験「宮(みやこ)の再配達を減らそう! プロジェクト」の結果報告が行われた。この実証実験は京都市、パナソニック、京都産業大学の産学公が共同で、2017年11月8日〜2018年1月31日まで実施された。その報告内容は宅配業者のみならず、幅広い層にとって非常に興味深いものだった。

 

手頃な価格でリフォーム後に便利なLIXILの『宅配ボックスKT』

総合住宅設備メーカーのLIXILでは、シンプルなデザインとベーシックな機能を採用し、省施工で身近な価格設定の『宅配ボックスKT』を4月2日より発売する。ラインアップと価格は「コンパクト」が4万5000円、「スタンダード」が4万9000円。

 

 

ナカバヤシがワンプッシュロックを搭載した不在時受け取り用宅配ボックスを発売

ナカバヤシは、棚板を活用することで荷物サイズや受取個数に合わせて収納スペースを簡単に調整できる不在時受け取り用の「宅配ボックス」を開発。6月下旬より全国で発売を開始する。「1枚扉タイプ」と「2枚扉タイプ」がラインアップされ、税別価格は1枚扉が3万8000円、2枚扉が6万2000円。

 

玄関のドアを開けなくても荷物を受け取れるナスタの住宅壁貫通型ポスト付き宅配ボックス

ナスタは、新築·既設住宅に対応した業界初の気密と断熱性能を備えた「住宅壁貫通型 ポスト付き宅配ボックス」を開発し、20188月より発売を開始する。

 

戸建にもアパートにもすっきりフィット!パナソニックが宅配ボックスのラインナップを拡充

パナソニックは、宅配便の再配達の削減に貢献する宅配ボックスおよび、関連製品の品種を拡充し、2018年4月2日より発売する。今回拡充する製品は、宅配ボックスやポストなどを戸建の外構にすっきり設置できる機能門柱、複数世帯で使用できるアパート用宅配ボックスの大型サイズ、後付け用の施工部材の3品種。

 

忙しくて宅配物を受け取れない人におすすめしたい対処法

EC市場の伸びに応じて宅配物は増える一方である。トラックドライバー不足が深刻化する中、国土交通省は再配達の削減を呼び掛けている。このような中「宅配物を受け取れない」「再配達を避けたい」ときの新しい手段も登場している。今回は、その代替策をいくつか紹介しよう。

折り畳み可能なサンワサプライの戸建て向け簡易保冷宅配ボックス

サンワサプライは同社が運営している直販サイト、サンワダイレクトより、不在時の際に便利な折り畳み可能で盗難防止用の鍵・ワイヤーが付いた保冷タイプの宅配ボックス『300-DLBOX14』を発売した。販売価格は4611円。

 

日本の宅配業界を救う「宅配ボックス」の存在

 Amazonをはじめ多くの通販サービスを毎日のように利用させてもらっている今、再配達は受け取る側も配達する側、送る側もできる限り減らしたいもの。

 今回、京都市が中心となり始まった「京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト」は宅配ボックスを使った実証実験だ。もしかしたらこのトライアルが、社会問題にもなっている再配達を減らすきっかけになるかもしれない。

 

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ