人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.20

映画「ハン・ソロ」を観る前におさらいしておきたいスター・ウォーズの楽しみ方

6月29日(金)より、ハン・ソロの若かりし頃を描く『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が公開されます。観にいく前にぜひ『スター・ウォーズシリーズ』の魅力をおさらいをしておきましょう。

市川海老蔵も仰天!映画『ハン・ソロ』の主演俳優がハリソン・フォードから学んだこと

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのアナザー・ストーリー、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が、いよいよ6月29日から公開される。それに先立ち、6月11日に主演俳優、若き日のハン・ソロを演じるオールデン・エアンライクと監督のロン・ハワード、そして、はるか彼方の銀河系、森林惑星キャッシーク出身のチューバッカが、東京・六本木の東京ミッドタウンで来日記者会見を行なった。

 

5分でストーリーを振り返る『スター・ウォーズ』衝撃の40年

新たなる希望

2017年、初公開から40年の節目を迎えた映画『スター・ウォーズ』。ストーリーもさることながら、各作品にまつわる数字を見ていくと、この作品がいかに世界中に衝撃を与え、多くの人々を魅了してきたかが理解できるはずだ。

 

スター・ウォーズとは何なのか?ライアン・ジョンソン監督が直感を信じて作った『最後のジェダイ』

ライアン・ジョンソン

ファンイベントのために『エピソード8』に相当する新作『最後のジェダイ』を手がけたライアン・ジョンソン監督が来日。40年にわたって愛される『スター・ウォーズ』のメガホンを取るに際しての矜持や秘話を直撃取材した。

 

私たち徹底的に観まくってます!超マニア的スター・ウォーズ鑑賞術

『エピソード4』のクライマックス

ファンなら誰もが『スター・ウォーズ』に一家言を持っているもの。ここでは、中でもマニアと声を大にする各界の著名人ならではの、特殊な見方やディープな考察を聞いた。

 

究極のファン集団!ルーカスフィルム公認「第501軍団」の入隊法

カイロ・レンとストームトルーパー

『スター・ウォーズ』関連の公式イベントで、ダース・ベイダーなどの衣装を着てステージに登壇する人たち。実は、彼らはルーカスフィルム公認の「第501軍団」なるコスチューミング集団なのだ。知る人ぞ知る、謎の組織の秘密に迫った。

 

精神科医・名越康文がセレクトした心に響くスター・ウォーズの名言

 ARTFX『ヨーダ帝国の逆襲版』

ジェダイ・マスターの教えは、ビジネスパーソンにとって役立つ名言揃い。精神科医の名越康文さんが〝仕事で折れそうになった時〟に思い出したい、心に響く名言を選んだ。

 

フォースを感じる!大人の「スター・ウォーズ」グッズ

ビジネスパーソン〈OFFタイム〉休戦用

『最後のジェダイ』の公開に合わせ、トイやグッズが続々と誕生している。いずれも、各社のこだわりを感じさせるクオリティーと遊び心に満ちあふれており、最新作で初めて『スター・ウォーズ』の世界に触れる大人たちも、間違いなく物欲が覚醒するはずだ。

 

タカラトミーの企画担当者に聞く「スター・ウォーズ」グッズ開発秘話

タカラトミー『スター・ウォーズ /トランスフォーマー』

斬新なサービスと商品展開が多くのファンの心をつかんでいるタカラトミー。ヒットの背景には、担当者自身もファンであるゆえの強いこだわりがあった。

 

意外と気軽に行ける場所も!スター・ウォーズの絶景ロケ地8選

絶海の孤島から、氷河、砂漠、楽園リゾートまで、『スター・ウォーズ』シリーズでは、世界の様々な場所でロケが行なわれてきた。たどり着くのに困難な地域もあれば、意外と気軽に行ける場所も……。ストーリーをたどるスター・ツアーに出てみる?

 

「BB-8」はポスト・イットの落書きから生まれた!?スター・ウォーズ制作の舞台裏

ILM(Industrial Light & Magic)

ジョージ・ルーカスが誰も見たことのないような特殊効果を生み出すべく創設したILM(Industrial Light & Magic)。ここで働く2人のアーティストが『最後のジェダイ』に登場するメカが生まれた背景を語ってくれた。

 

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。