人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.21

【開発秘話】累計販売276万ケースを突破したアサヒ飲料『カラダカルピス』

■連載/ヒット商品開発秘話

『カルピス』といえば、日本を代表する乳酸菌飲料の1つ。1919年の発売以来、多くの日本人に愛されている。現在、様々なラインアップを展開しているが、中でも2017年4月4日に発売された『カラダカルピス』の売れ行きが好調だ。

『カラダカルピス』は『カルピス』ブランド初の機能性表示食品。「乳酸菌CP1563株」により、体脂肪を減らす機能を持っているのが特徴だ。発売から2018年5月までの販売数量は、276万箱(1箱:500ml×24本入り)に上る。

■『カルピス』ブランドで発売するか否かで議論

「乳酸菌CP1563株」は、2004年頃に当時のカルピス株式会社が発見したもの。その後、研究を続けたところ、カルピス株式会社が保有している乳酸菌の中で、もっとも体脂肪を減らす効果が高かったことがわかった。

 一方、現在『カルピス』ブランドの飲料を展開するアサヒ飲料が、健康意識の高まりを受けて体脂肪を減らす効果が期待できる飲料を検討し始めたのが2014年。「乳酸菌CP1563株」を使い商品をつくることを模索し、2015年から商品化に着手した。ただ、『カルピス』ブランドで発売するかどうかについては、社内で議論になった。マーケティング本部マーケティング二部乳性グループ 課長の荒川浩一氏は、「乳性飲料にすることは決まっていましたが、『カルピス』ブランドにするかどうかについては、経営陣を含めて議論になりました」と振り返る。

アサヒ飲料
マーケティング本部マーケティング二部
乳性グループ 課長
荒川浩一氏

 議論になったのは、メインターゲットである30〜40代男性に、『カルピス』は子供向け、子供っぽい味と想起されてしまうのではないか? と懸念されたからであった。議論は半年以上にわたり、『カルピス』ブランドで展開することで決まったのは2015年秋。決め手は、『カルピス』の信頼感と美味しさの2つであった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ