人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

元刑事が指南!パートナーの浮気を見抜くテクニック

2018.06.24

パートナーに浮気の気配を感じたらどうすればいいか。直接問い正すとシラを切られる可能性も。相手のウソを見抜くスキルがあれば重宝するはずだ。そこで今回は、元刑事で現在は経営コンサルタントとして活躍し、刑事時代に現場で培ったコミュニケーションスキルをビジネスに活用する「刑事塾」を開く森 透匡氏にパートナーの浮気を見抜くワザを教えてもらった。

■浮気をしているパートナーから出るウソのサイン

森氏によると、人は相手からの質問が刺激となってウソをつき、さらにウソのサインが話し方やしぐさに現れるという。つまり、浮気が疑わしいパートナーとの会話において、パートナーから浮気のサインを複数引き出すことができれば、浮気をしている可能性が高くなる。

ウソのサインは複数あるが、特に浮気をしている人間からよく出るウソのサインにはどのようなものなのだろうか。

例.夫がお酒を飲んで、深夜に帰宅。帰るなり、奥さんが起きて待っており『今日はどこで飲んできたの?』と質問したときに、何かやましいことがあると現れそうなウソのサイン

●「話し方」のウソのサイン

・質問を繰り返す
「えっ、どこで飲んできたかって?」と質問をオウム返しにする。

・逆切れ
「なんでいちいちおまえに言わなきゃいけないんだよ!」と怒鳴って逆切れする。

・返答を渋ったり、拒絶したりする
「そんなこと言う必要ないと思うよ」と回答を渋る。

・簡単な質問が理解できない
「え?どういうこと?」と質問がわからないふりをして時間稼ぎをする。

・余計な説明が多い
「あ、新宿で飲んでたよ。昨日は送別会だったから最初に居酒屋で飲んでさ、二次会でカラオケ行ってさ、その後、みんながスナックに行こうって始まったもんで駅前のスナックに行ってさ…」などと聞かれていないことをベラベラ話す。

●「しぐさ」のウソのサイン

・自律神経信号が現れる
質問を受けた後、顔が赤くなったり、青くなったりするなど自律神経に変化が出る。

・反応しない、反応が遅い
質問の後、無反応、または少し間をおいてから話し始める。「なんて答えようか」と考えているため時間稼ぎをしている。

・顔に手をやる
本当は新宿で飲んでいたのに「銀座だよ」とウソを言うと「ウソをついているから口を塞がないといけない」と思うが、口を塞ぐと話せないので口の周囲に手をやって誤魔化すしぐさをする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。