人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.22

トガったデザインとテクノロジーで攻めるスイス生まれのランニングシューズ、On『クラウドフロー』

成熟したマーケットに新しく食い込んでいくためには、ある種〝トガった〟部分が必要。それがデザインなのか、テクノロジーなのかは、そのメーカーの考え方が問われるところだ。ランニングシューズという成熟状態のマーケットにデザインとテクノロジー、その両方を〝トガらせて〟参入したのがスイス生まれのランニングブランド「On(オン)」。

トライアスリートの間では、すでに多くの愛用者がおり、アイアンマン世界チャンピオンやオリンピックメダリストも輩出している。この過酷な競技を愛するアスリートの間では、以前から知られるブランドなのだ。

トガったデザインとテクノロジーを両立しているのが、「クラウドテック」というソールの形状。

「On」の中でも「パフォーマンス」にカテゴライズされる『クラウドフロー』は、マラソンなどの長距離のレースから、日々のトレーニングまで幅広く使える汎用性の高いモデル。もちろん、このシューズにもそのテクノロジーは採用されている。

さて、クラウドテックはゴムのホースを半分に割ったような形状をしているのが特徴。これこそがデザインだけではなく、クッションと反発を両立される源となっている。その仕組みは着地の際に潰れることで衝撃を吸収し、蹴り出す際には、元の形状に戻ろうと反発力を生み出し、ランナーに自然な推進力を与えるところ。この独創的なテクノロジーにより、ランナーを故障から守ってくれるのだ。

また一般的なランニングシューズの構造は、上からアッパー、ミッドソール、アウトソールと重ねているが、「On」は、アッパー、スピードボード、クラウドテックの順になる。

スピードボードというのは、簡単にいえば、プラスティックの板のようなもの。これが板バネのようにしなり、元に戻ろうと反発力を生み出すことで、クラウドテックと一緒にランナーの推進力を生み出している。またミッドソールの代わりに、軽量なスピードボードを配置することで、一般的なシューズよりも軽く仕上げることに成功しているという。「Onジャパン」のセールス&マーケティングディレクターで、駒田博紀さんは次のように語る。

「クラウドフローはクラウドテックをソール全体に配置しており、まるで流れるような走り心地を感じることができます。また、ソールに18個配置されたクラウドテックがそれぞれ独立して動くため、ランナーの走り方や路面に合わせたクッションを提供します」

キャタピラのようにボコボコしているソールは一見不安定そうに見えて、荒れた場所でも、安定して走れるようになっているのだ。

履き心地は自然で軽い、という印象。同じく「On」の「クラウドサーファー」と比べると、ソールをより軽量なEVA素材「ゼロ・グラビティ・フォーム」で作っているせいか、軽さを強く感じる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ