人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.18

都営地下鉄6沿線のマンション価格の上昇率ランキング

マンションを購入するうえで、住みたいエリアとその相場は必ずリサーチしておきたい情報だ。マンション相場情報サイト「マンションマーケット」は、東京都交通局(都営線)の6路線を対象に、マンション価格上昇率の高い順にランキングを発表した。

■都営新宿線

都営新宿線は東京を東西に入る路線であり、西は新宿、東は本八幡まで走る。途中停車の主要駅は市ヶ谷、九段下、岩本町(秋葉原)、森下、船堀など。

今回のランキングにおいては、森下駅の以下の物件がマンション価格上昇率をけん引した。
・ルリオン森下エルビアントアース:128.2%
・シンシティー両国弐番館:104.0%
・パークハウス両国サウスコート:103.7%
・グラントゥルース両国:102.8%

上記の物件名にもあるように、森下駅のすぐ北側には総武線が通う両国駅がある。また南側には大江戸線の清澄白河駅が位置しており、都営新宿線だけではなく総武線・大江戸線の路線も使いやすい。総武線を利用すれば東京方面へ、大江戸線を利用すれば湾岸エリアや新橋・六本木方面へ行きやすく、交通利便性が非常に高いエリアといえる。

こうしたアクセスの良さから森下駅が評価され、都営新宿線全体の平均マンション価格を底上げしたようだ。また都営新宿線は、新宿駅で京王線と乗り入れている点も大きい。京王線は今、路線の地下化などをはじめとした路線開発が進められている。今後の交通利便性向上も見越して、都営新宿線の価値が上がったと考えていいだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。