人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.19

乾電池を利用した身の回りの製品をビーコン化するノバルスのIoTデバイス『MaBeee』

ノバルスが発表した「MaBeee ビーコンモデル」は、身の回りの乾電池を利用した製品をビーコン化。これによりビーコン受信機に近接したとき、自動的に何らかの情報を伝達するアクションを起こすことが可能になる。

「MaBeee ビーコンモデル」ビーコン利用システム構成イメージ

以下の用途などで用いられることを想定。

・店頭販促/導線管理:単にビーコン端末を設置するのではなく、人感センサーなど電池を利用した製品へ組み込んだビーコン利用に

・紛失防止:懐中電灯、カメラ、ハンディポータブルラジオなどあらゆる乾電池を利用する個人所有物の紛失防止に

・その他、従来のビーコン端末と同様の使い方も可能なため、子供の見守りでの位置情報補正や、輸送物管理、さらには入退室管理など幅広い用途を想定。

「MaBeeeビーコンモデル」の特徴は、単3電池形状のMaBeeeに単4乾電池を装着して利用する形状のため、安価な電池を利用可能。また容易に電池交換が可能であること、加えて身の回りの乾電池を利用した製品の乾電池ボックスに装着して利用することで、乾電池製品自体をビーコン発信機として利用できる点などがある。

今後は、乾電池形状だけでなくビーコンモジュールの提供や、既存のMaBeeeで持つ「モニタリングモデル」や「コントロールモデル」との複合モデル、プログラミング教育にビーコンを用いたセンサーへの反応の連動など、市場にある数多くのセンサーを用い、ビーコンとセンサーを複合化した使い方などのニーズの発掘にも取り組んでいくという。

関連情報/http://novars.jp

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ