人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.20

まぶたの一重二重、眉の濃さ、毛深さ、髪質など7つの特徴と関連の強い遺伝子領域を発見

現在、医学を中心とした研究により、病気や検査値に関係する遺伝子が多数報告されており、遺伝子の情報をもとに医薬品の開発などが進められている。

そんな中、東京女子医科大学皮膚科、エムティーアイ、スタージェンは、ビッグデータ解析技術を用い、約1万人のゲノムと特徴のデータを解析。その結果、皮膚科に関する7つの特徴(「シミのできやすさ」「ソバカスのできやすさ」「まぶたの一重二重」「眉毛の濃さ」「髪質」「毛深さ」「汗のかきやすさ」)と関連の強い遺伝子領域をそれぞれ発見した。

【遺伝子情報と体質に関するWEBアンケートの結果】

1.シミ・ソバカスのできやすさ

アンケートにて「シミができやすい」「ソバカスができやすい」と回答した人において、5番染色体および10番染色体に特徴的な遺伝型の組み合わせが存在することが明らかになり、それぞれPPARGC1BRAB11FIP2と呼ばれる遺伝子領域だった。

また、「ソバカスができやすい」と回答した人にのみ、9番染色体のBNC210番染色体のHSPA12A、また、17番染色体のAKAP1およびMSI2と呼ばれる遺伝子領域において、特徴的な遺伝型の組み合わせがあることも判明。これらの遺伝子は、メラニンの形成や蓄積などに何らかの関与をしている可能性が推測される。

2.まぶたの一重二重

アンケートにて自分に当てはまる身体的特徴として「二重まぶた」を選択した人に、10番染色体のEMX2と呼ばれる遺伝子領域に特徴的な遺伝型の組み合わせが存在することが明らかになった。

EMX2は骨や神経の発達に重要な遺伝子であることが知られており、頭蓋骨顔面の形成に関わっていることも報告されていることから、二重まぶたの形成に何らかの影響を及ぼしている可能性が推測される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ