人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.18

医師は薬を処方する時、薬価を考慮することはあるのか?

「大いに考慮する」 715件

・患者負担は常に意識しています。(50代、家庭医療)

・高価な薬を嫌がる患者さんもいます。(50代、消化器内科)

・患者さんの経済状況、治療予後、医療経済的問題を考えて処方する必要があるので。(30代、産婦人科)

・今の時代は当然考慮しなければ患者さんはしっかり支払金額をみていると思います。(50代、アレルギー科)

・社会保障費の無秩序な増大を防ぐ必要があります。(50代、整形外科・スポーツ医学)

・医師も患者も個人個人がもっと意識しないと、とてもこの制度はもたない。(50代、一般外科)

・基本的にはジェネリック優先、高額な薬はなるべく使わないようにしています。(40代、一般内科)

「あまり考慮しない」 464件

・薬価まで覚える余裕ありません。電子カルテに処方と同時に薬価がでれば考えます。(50代、呼吸器内科)

・考えていたら、外来をさばけない。(40代、一般内科)

・小児科であり、ほとんどは小児医療で患者負担がないため。(50代、小児科)

・そこまで高い薬価の薬を処方することがないため。(40代、皮膚科

・効果の方を重視する、安価だからといって使用しても効果がなければかえって医療費がかかる。(50代、心療内科)

・院外処方のため、薬価をほとんど知らない。(60代、アレルギー科)

・薬価はあまり気にしないが、無駄な薬は出さない。(60代、産婦人科)

「どちらとも言えない」 294件

・基本的にはジェネリックを処方しています。ただ、必要な薬が高いのは仕方がないのでは。(50代、一般内科)

・院外処方で、一般名の処方なので何とも言えません。(60代、耳鼻咽喉科)

・不必要と思われる薬剤は、極力処方しないようにしてはいるが、害が少ないと思われ、他医が処方を続けている薬は、それを頼りに強く希望される場合、処方してしまう場合はある。(60代、一般外科)

・製薬会社も支えないといけない。(50代、脳神経外科)

「全く考慮しない」 120件

・目の前の患者さんに最適な薬を処方するのみです。(60代、眼科)

・そんなことより必用な薬だけ処方しましょう。それだけで医療費は削減されます。(50代、小児科)

・基本的に効能のみで判断しています。(50代、健診・予防医学)

・薬価よりも薬剤数は気にします。(50代、耳鼻咽喉科)

・薬剤費は割合としては大きくない。パチンコの売り上げの半分以下です。内科系は薬剤が無ければ何も出来ない。高価な新薬のおかげで肝癌が激減したりしているのも事実です。(60代、放射線科)

・薬価を把握していません。(60代、一般内科)

■調査概要

調査期間:2018/5/10

有効回答:3,000人(回答者はすべて、医師専用コミュニティサイトMedPeerに会員登録をする医師)

調査方法:MedPeer内の「ポスティング調査」コーナーにおいて、医師会員からご投稿頂いたテーマをもとに、以下の質問を投げかけた。

関連情報/https://medpeer.jp

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。