人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.22

人間に代わって最適なポートフォリオを構築してくれる「AI投資」入門

学習能力の進歩のおかげで、投資すべき銘柄の選別や最適な資産配分をAI(人工知能)が行なえるようになってきた。完全自動のお任せ投資をすることも可能だ。

《こんな人におすすめ》

知識がないので投資に二の足を踏んでいる、という人にこそおすすめ。やっているうちに、わかってくることが多いのが投資だといえる。まずは少額の積立投資を始めてみては。

〈リターン〉★☆☆ 〈リスク〉★☆☆

 以前から、投資の世界ではコンピューターによるプログラム取引が導入されていたが、深層学習機能を持ったAIの登場により、革新的なサービスが生まれている。投資信託では、AIが金融情勢や株式市場の動向、さらには企業の決算書を分析して、投資対象としてふさわしい企業かどうかを選別するものが人気を呼んでいる。

 また、昨年から残高が増えているロボアドバイザー投資は、投資家がどれくらいのリスクを許容できるかを判断、それに見合う投資信託を組み合わせたポートフォリオを提案してくれる。OKを出せば、売買からメンテナンスまですべて自動で行なってくれる。

 いずれも、積み立てを使えば月々1000円程度から投資することが可能。難しく考えず、まずは始めてみてはどうだろうか。

【 人工知能が銘柄を選別「AI投資信託」】

●ニュースなどのテキストデータも読み込むことができるAIが登場

[注目のAI投信]

AI投資信託

昨年から投資信託で注目されているのが、AIが銘柄を選別して投資するタイプ。膨大なデータを分析して、ファンドマネージャーやアナリストがカバーできない銘柄を発掘する可能性がある。最近は、「AI(人工知能)活用型世界株ファンド」で活用されている、ニュースのテキスト解析ができるAIも登場している。

【 AIが自動で運用「ロボアドバイザー投資」】

●投資家のリスク許容度に合った最適な資産配分で分散投資を行なう

ロボアドバイザー投資の中で最も利用料が低いのが松井証券の「投信工房」。他社では1%前後に設定されているが、「投信工房」はゼロとなっている。積み立ても100円から可能で、小遣い程度で世界中の株式や債券に分散投資ができる。今年から始まった「つみたてNISA」にも対応しているのが大きなメリットだ。

オススメのロボアド[投信工房]

投信工房

いくつかの簡単な質問に答えると、ユーザーのリスク許容度に合ったポートフォリオをAIが提案してくれる。

■松岡賢治氏が実際にやってみた!

「AI投資信託」は上記2本を含め国内に数本存在するが、最終的に投資するかどうかはファンドマネージャーが決定する点は留意したい。また、今回新たに「投信工房」の積み立てを始めてみた。分散投資の割合を自動で調整する機能が便利だ。サイトは全体の設計が古いせいか、やや使いにくい印象。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ