人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.20

説明できる?トレーニングインナーの加圧式と加重式の違い

暦の上では春が明けました。私は連日働き、運動はせず、夜は節食と絶食の繰り返しであります。元ザッパー(ライザップ会員のこと。パワーのある軽軽二輪ではない)としては、バランスのよい節食、習慣的な運動が鉄則。

※編集ワタナベの詳しい過去はコチラ
編集部員が本気でRIZAPのボディメイクに挑戦した結果

しかし、ここへきて怠惰の性分が炸裂した結果、体重は「シェイプアッププログラム」満了時の65kgから69kgに推移。不肖渡辺、元ザッパーとして、実にオーディナリーな罪を犯し続けながら、このたび同プログラムのスタート地点〝平均的な軽肥満体〟域に、無事凱旋いたしました…。

日頃、運動から一歩身を遠ざけている無精者が、唐突にフィットネスをはじめよう!などと露ほどにも思うはずがなく、やっぱり楽して痩せたいよね~という因果な誘惑に屈してしまうのが世の常であります。とりもなおさず手を伸ばしたのは、「着ているだけでエクササイズ効率を向上してくれる」の謳い文句でおなじみのトレーニングインナー。トレンドの〝加圧式〟の中から、今回は累計10万枚を突破したベストセラー『金剛筋シャツ』を試してみました。

■着ているだけでエクササイズ効率を向上するってホント?

そもそも加圧式シャツとは何か。簡単にいうと、外圧で体を締め付けると同時に、胸を開くような正しい姿勢をキープしてくれるインナーウエアのこと。この締め付けを担うのが、伸縮性の強い素材(主にスパンデックス)。『金剛筋シャツ』の組織表示を見てみよう。

ナイロン80%
ポリウレタン(スパンデックス)20%

組織中の20%を占めるポリウレタンがスパンデックスにあたり、『金剛筋シャツ』は他社比2倍の配合量になっているらしい。要するに、締め付ける力が強いわけだ。手持ちの加圧シャツと比べてみると、その差は一目瞭然。見るからにキュッと体を引き締めてくれそうだ。

上に重ねた白インナーが『金剛筋シャツ』、黒インナーが私物の加圧シャツ。生地は薄手でメッシュ。体は透けるが、これ1枚着て1日を過ごすわけではないので問題はない。

備忘録1
金剛筋シャツ』3980円(税込み・送料別途)/メンズストア

・体を締め付けて姿勢を矯正させる加圧シャツ。
・肩が正しい位置に矯正されたことで、呼吸がしやすくなる。
・自然に背筋が伸びるため、お腹のふくらみが目立たなくなる。
・強伸縮箇所が適度で、たるんだ腹まわりと肩位置が意識できる。
・脇下に流れる縫い代のおかげで、ナチュラルに着続けられる。
・袖口と裾に長めのリブがついおり、服を重ねても捲れにくい。
・長めの着丈が、インナーの飛び出しを防いでくれる。
・ゆったりとしたVネック&地色が白だから、ビジネスユースできる。
・抗菌加工済みのメッシュ素材なので、ムレと臭いの発生を抑制してくれる。

難点は下記の1点。
・袖ぐりが狭いため、体形によっては脇下にストレスを感じることも。

以上のことからわかるとおり、静脈を強く圧迫して血液中の乳酸量を増やすことで、低負荷ながら筋力増強と筋肥大を誘発する加圧トレーニングと加圧シャツの効用は別物。またアスリートが愛用するコンプレッションウェアほどの締め付けはないため、無駄な筋肉の動きを抑制して~ということもないかと。「効率を高めるために正しい姿勢を意識する」という〝トレーニングの正攻法〟に則り、有酸素運動の効率を高めるための基本グッズとして、『金剛筋シャツ』をおすすめしたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ