人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.20

日本上陸はいつ?肉ではない肉「人工肉」の気になる味

 欧米で、すでに普通に家庭の食卓に並んでいるのに、日本ではいまだ手に入らない食材がある。それが肉でないものから肉の味、質感を再現した人工肉だ。

 主に欧州で食されている人工肉「クオーン(Quorn)」は、キノコ由来のタンパク質にグルコースやビタミン、ミネラルなどを加えたもので、実は30年以上も前に販売開始されている。鶏肉や挽き肉などと区別がつかない味わいと評され、菜食主義者やダイエットを目指す人を中心に人気がある。

 一方、米国ではビル・ゲイツも出資した「ビヨンド・ミート」や、「インポッシブルフード」など植物性の原料だけで作った人工肉も話題となっている。見た目が肉にそっくりなうえ、味も植物とは思えないほどのおいしさで、ハンバーガーも好評だ。

 人工肉が話題となる背景には、牛の飼育に伴う環境負荷や、近い将来の爆発的な人口増加による世界的タンパク質不足にある。現状、日本での発売は未定となっているが、いずれ日本の食卓に上ることは間違いなさそうだ。日本では肉ブームが続いているが、人工肉の登場でA5や熟成という文字があふれかえる日本の肉市場も大きく変動するだろう。

〈DIMEの読み〉
人工肉の上陸で料理人の腕も試される。加工上手な日本人ゆえ、欧米では考えられなかった料理に仕上げる店も登場するかも。ミシュラン初の人工肉で星獲得! もありそうだ。

クオーン

イギリスのスーパーで普通に売られている「クオーン」。価格は300〜400円程度で、ステーキタイプから挽き肉タイプ、キューブ型など様々なタイプがある。挽き肉タイプの中身が下の写真。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ